世界は言葉でできている

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

今日は休みで、ひたすらぼんやりした輪郭のない1日で、なんとなくにっけちゃんねるに投稿しようと思いついていまこれを書いています。

にっけちゃんねるは宛名のない手紙のような、そんな感覚で、ツイッターや個人でやっているnoteも言われてみればそうなのですが、なんか特別な感じです。初めてインターネットに公開した長文がにっけちゃんねるだったからかもしれません。初投稿からもう4年が経ったらしい。ひいいいいい

はい。

かといってほんとうになにもしてないので書くこともないので、今日ひたすらぼんやりして思いついたことを書こうと思います。

語彙って必要だなって。思いました。

最近は毎日にひたすら引っ張られて連れて行かれて流されて、不満も不安も全部流れて行ってふと思い出しては襲われてドキドキして、みたいな感じで、「きちんとした言葉で思考する」というのができてなかったと気づきました。

今日も気づいたら時間が経っていて言葉は無だったのですが、何かが降りてくるようにふと思ったのでした。

 

ことばで考えなければならないな、と。

 

外出してストレス発散もできない日々で、不安や恐怖が迫ってきていて、そんなときに、「ワンチーム」とか「コロナに打ち勝とう」とか「頑張れ」とか。

そういうの流れてくるままに摂取していると、「語彙って大事だな」って思うんです。

語彙を失うことは思考を失うことだと思います。思考を失うとどうなるかというと、心が疲弊します。わからないままずっと稼働「させられている」ことになるからです。ただひたすらモヤモヤするとか、他人の言いなりになるとか、そういうことを諦めてしまうとか。嫌ですね。私は絶対に嫌です。私は我慢を許さない。

 

私の個人的な人生においても、人類全体においても、転換期の今、ここで何かが変わるなら、少しでもいいほうに、思考していく必要があるのかなぁと思います。

かなり抽象的であんまり説得力のない文章になっちゃったけど。

「それならば、」といい時間を過ごして行くことが、いい選択をしていくことが私たちにはできるはずです。なぜなら人間だから。