アイアムアヒーロー20巻 – あらすじと感想【ネタバレ注意】

今までのアイアムアヒーロー記事

230話

前巻のラストで巨大ZQNに取り込まれてしまった比呂美を救うことを決心した英雄。銃を手に、単身巨大ZQNに向かいます。船のオジサンとはここでお別れですね、いやーいいオジサンでした。オジサンの孫と比呂美、そして世界を救うべく、船を漕ぎ始めます。20巻にして、ようやくヒーローっぽくなってきましたね。IMG_1323
IMG_1324
IMG_1325

231話

比呂美パートです。英雄の目の前で取り込まれたZQN内部では2ちゃん◯るのような……掲示板の精神世界が広がっていました。ZQNたちはこれを介して意志交換をしていたのですね。意味深ですが、なんだかよくわからない回でした。
IMG_1326

232話

池袋ビル内に続々と潜入してくるZQN。浅田教一派はZQN退治に追われますが到底手の回る量ではなさそう……こう見るとこのビルも長くはなさそうですね…。そして英雄もビルへと向かいます。近いうちに登場人物がビルに集結しそうですね。

あーだんだん風呂敷が回収されていきそうで一安心。
IMG_1327

233話

コロリ回です。コロリ隊長は死亡フラグが全く立たないので安心して読めるんですよね〜。
桐谷からビルにZQNの大量襲撃の連絡を受けたコロリ隊。彼らは地下駐車場からビルのエレベータを駆使して最上階まで登る作戦を立てます。
果たしてこの作戦は上手くいくのか……まあコロリ隊長のことだからきっとうまくいくんでしょうね。

IMG_1328

234話

浅田教の「経典」とやらをゲットした桐谷。それを幼い子どもに託します。この経典が今後どのような役割を果たすのか……この子どもがキーマンになりそうですね。

IMG_1329

235話

コロリ回。エレベータに乗る作戦はいたってシンプルで、トランシーバを囮に使って、そのスキにエレベータまでカートを使って猛ダッシュするというもの。

いやーおばちゃんがかっこよすぎますね。なんだこのポーズは。ギャグか、ギャグなのか。
IMG_1331

何はともあれ、無事エレベータに乗り込むことに成功です。コロリ隊長の安定感はヤバい。来栖と浅田、そしてコロリ隊が一堂に会する時もそう遠くはなさそうです。

236話

ZQNに取り込まれた比呂美はなんと内部で英雄の元カノ・てっこと出会います。てっこと英雄の過去の記憶を見せられた比呂美。
IMG_1332

237話

再度登場毅くん。おばちゃんに一刀両断されます。
IMG_1333

238話

今巻最終話は浅野いにお、じゃなかった浅田くんが苫米地組に囲まれたシーンで終了です。浅田くんもなかなか死ななそうなオーラが漂ってますが、一体どうなることやら。
IMG_1334

さいごに

さてさて盛りだくさんの内容だったアイアムアヒーロー20巻。個人的には広げた風呂敷がだんだん畳まれて行ってるようで嬉しい限り。クライマックスに近づいてる感ありますね。次巻も楽しみです!!!

そしてそして大泉洋主演の実写版映画も昨日とうとう公開されましたね。いろんな人の声聞いてみて面白そうだったら見てみようかな〜。

 

今までのアイアムアヒーロー記事

ABOUTこの記事をかいた人

にっけ

1990年生まれ、東京在住。国立理系大学院を修了後、大手メーカーに就職。SEとして働き、現在2年目。インターネットと音楽と漫画が好き。主にTwitterに生息しています(@nikke_1925)