年間30本以上ライブに行った僕が選ぶ、2014年ベスト・ライブ【僕と音楽】

今年も良いライブが沢山でした。行ったライブの数を数えてみたらなんと30本以上…!!!まだ今年最後のライブ、カウントダウンジャパンを残していますが、ここで僕が選ぶ2014年ベスト・ライブと題して今年行ったライブの良かった順に3つ、ランキング付けしたいと思います!

みなさんご存知だと思いますが、普段ロキノン畑にいるのでやはり今年もそっち界隈のライブに行くことが多かったですね。それでは行ってみましょう!

第3位:11/2 音楽と人 東京アコースティック三叉路 @原宿クエストホール

image

雑誌「音楽と人」が主催するライブで、タイトル通りアコギ一本で弾き語りを行うという企画でした。出演者は堕落モーションFOLK2(HINTOの安部コウセイと伊東真一による別名アコースティックユニット)と、クリープハイプの尾崎世界観、銀杏BOYZの峯田和伸の3組。どのアーティストも大好きな人たちで、まさに”俺得”と言ったライブでした。

会場の原宿クエストホールは300人規模で、こんな所でライブなんか出来るの?と思うくらいオシャレな場所でした。普段パーティーなんかに使われてそうな雰囲気。そして、僕にとっては今年初!(というか人生初!)座席指定、座ったまま見続ける、というスタイルでした(というか正直なところ、始まったらみんな立ち上がるもんのかな〜と思ってました)。

しかしこれがまた良くて、座ったまま見ると、いつも以上に演奏に集中出来て、一秒足りとも目を離したくない、離すのが勿体無いと感じました。

これは余談なんですが、いかんせん”その場で踊る”っていうことがあまり得意でなくて、人目があったりするとこっ恥ずかしくなってしまうタイプなんですよね。あまりに騒ぎすぎても浮いてしまうし。座席があるならその場でじっとしていたい、けれどもあまりにじっとしているとそれこそ”浮いて”しまうので、、、と言った葛藤を常に抱えています。ライブハウスとかだったら良いんですけどね。

”踊れる”ライブも好きですが、こうやってしっかり聞く、見る、ライブも素敵だなと思いました。またこういう企画があったら行きたいですね。

第2位:7/15 BUMP OF CHICKEN @新木場STUDIO COAST

IMG_4754

BUMP OF CHICKENの何年ぶりか分からない(多分、僕の高校生時代にあったライブハウスツアー以来)ライブハウスでのライブでした。

僕が音楽を好きになるきっかけになったのがこのバンドで、初めて行ったライブもこのバンドのライブでした。上でも書きましたが、高校時代にあったホームシック衛星というツアーで地元のライブハウスに来ていたのに、チケットが取れなくて、次のスタジアムツアーで泣く泣く仙台まで見に行った過去があります。

初めてのライブが遠征って、今思うとなかなか凄いなって思います。

ということでBUMP OF CHICKENをライブハウスで見るのはこの日が初。さすがにダイブとかはいなかったけど、普段以上にヒートアップする、ロック色の強いライブだったように思います。アンコールで演奏されたDANNYなんかの会場の熱気は凄まじいものでした。

この記事を書くのにYouTubeで昔のBUMPのライブの動画を見漁っていたのですが、ダンデライオンでダイバーが出ていて笑いました…今だったら絶対にTwitterで悪口書かれるよ…ということで是非その動画探してみてください(埋め込み無効になっててここには貼れませんでした)。

第1位:10/15 andymori ラストライブ @日本武道館

image

堂々の第一位はこれ。夏のsweet love showerで解散することが決定していたandymoriが、Vo.小山田壮平の「もう一回やろう」の一声で急遽会場が確保され、実現したライブ。

急遽で武道館が確保出来るandymoriの実力半端ないですよね…

チケットは即日ソールドアウト。平日にも関わらず多くのファンが会場に足を運びました。僕もその一人。とても個人的な話ですが、10/15は僕の誕生日。記念すべき日に記念すべきライブで(解散は記念と言って良いのか分からないけど)深く記憶に残る一日になりました。

途中、短いMCとギター交換を挟むものの、ほぼノンストップの35曲(+アンコール6曲)。本当に沢山の曲を演奏してくれました。

ちなみに武道館公演、最多演奏記録を持っているのはPOLYSICSで42曲らしい。あと1曲!惜しかったandymori!

壮平くんのよく通る声は日本武道館という会場にピッタリで、本当に楽しそうに演奏する3人に、多くのファンが涙していました(僕もその一人)。解散ライブにも関わらず、解散についての言及は無く、あまりにもあっさりとした終演。そのせいか、アンコール後、終演のアナウンスが鳴ってもアンコールの手拍子が鳴り止まず、スタッフが困惑する場面も。また次の日もどこかでライブをしそうな、そんなあっけない幕切れでした。これがandymoriらしさなのかな。

このライブの様子に関してはどらやきさんの記事でも紹介されています。

個人的2014年音楽ニュースベスト5【私と音楽】

またいつかどこかで!andymori!

なんだか少し湿っぽくなってしまったので最後に番外編を。

番外編:2/8 9mm Parabellum Bullet LIVE「E」@日本武道館

IMG_2299

今年、最も記憶に残ったといえばこのライブ。理由は、

大雪で帰宅難民になった

からです。今となっては笑い話ですが、当日はホント洒落にならないレベルで焦りました。北千住から最寄りまでの電車が出ず、夜中の3時に友人と北千住の白木屋で朝まで飲んでいたのは記憶に新しいです。

先日、9mmの新曲「生命のワルツ」が発売されましたが、これのカップリングに収録されている「EQ」はこの武道館公演で初披露されたものです。この曲を聞く度にこの帰宅難民になった過去を思い出し、もう二度と豪雪の日はライブに行かないことを誓うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にっけ

1990年生まれ、東京在住。国立理系大学院を修了後、大手メーカーに就職。SEとして働き、現在2年目。インターネットと音楽と漫画が好き。主にTwitterに生息しています(@nikke_1925)