夏フェスシーズン到来!5年以上連続で夏フェスに行っている筆者が選ぶ必需品10選 【持ち物まとめ】

今年もやってまいりました、夏フェスシーズン。

気をつけないといけないのが忘れ物。会場についてから「あれがない!」とならないように、ここで持ち物の最終チェックをしておきましょう。フェスに初めて行く!という方はもちろん、ベテランの方も、ここでもう一度フェスに持っていくものの確認をしましょう!

必要なものを10個列挙してみました。

 

絶対に必要!

1.チケット

ticket photo

これがないと始まらない。これを忘れると会場に入れない。

現地でリストバンドと交換になるので、リストバンド交換後はそちらも無くさないように。すぐ腕に付けることをオススメします。普通のライブとは異なり、半券も回収となるパターンが多いです。

 

2.お金

何かとお金がかかるのがフェス。グッズを買ったりご飯を食べたりするのもフェスの醍醐味。財布をそのまま持ち歩くのではなく、無くしたときのリスクを考えて小銭入れを持ち歩くと良いでしょう。

僕は以下の2つの道具を組み合わせて腰に付けてます。便利!

 

 

3.携帯電話

iphone photo

なんだかんだ必要なのがスマホ。タイムテーブルを確認したりヒマなときにTwitterしたり友達と連絡をとったり。

 

4.タオル / 着替え

14758481289_825c63cdfb_z

風邪をひかないためにも、しっかり着替えることは大切です。替えのTシャツとタオルが2〜3枚あると安心。最悪現地調達でも可!

 

5.飲み物

red bull photo

こちらも夏フェスには必須。体調を崩さないためにもこまめな水分補給は必要です。

会場でも買えますが、自分でも持っていくと良いでしょう。ビンや缶は持ち込みが禁止なフェスも多いので注意!

また、成人している方はお酒も楽しみのひとつです!

 

あったら便利かな

ここから先はあったら便利かなと僕が思うものを紹介します。

 

6.ウエストポーチ

前の方へ行くと、人とぶつかり合うことが多くなります。手ぶらかウエストポーチで移動することをオススメします。リュックやトートはNGですが、後ろでのんびりと楽しむならOK!人混みで大荷物を持っていると迷惑になるのでやめましょう。大きな荷物はクロークへ!

こんな感じのがオススメ。Chumsはカラバリも豊富ですね。

 

7.冷えピタ

休憩の時におでこに貼ると気持ちいい。熱中症防止にも一役買ってくれる便利アイテム。首の後ろに貼るのも良いですね。

 

8.日焼け止め

炎天下にさらされる夏フェス、間違いなく焼けます。全身に塗りたぐりましょう。僕も日焼けは嫌なので、2〜3回は塗り直します。残念ながら現地調達は出来ないので、事前に準備しておきましょう。(会場で売れば儲かりそうだよなってずっと思ってる)
SPF50+ PA++++ のものが良いでしょう。海外だともっと強力なものがあるらしいんですけどね、日本のマックスはこれ。

 

9.帽子

熱中症防止に。帽子だけに。

 

10.レインコート

夏は天気の変わりやすい季節。天気予報が晴れだとしても持って行った方が良いと思います。会場内は傘は禁止なので、レインコートを着ることになります。(中には雨が降っても全く気にしない猛者もいますが)

これは会場で売っているところも割とある気がしますが。割高なので事前に準備しておくことをオススメします。これとか安いですね。

 

細かいTips

僕の経験を踏まえていくつか細かいアドバイスを書いておきたいと思います。何か思いつき次第追記します。
・大きいリュック+小さなポーチを持っていく。大きなリュックはクロークに預けると良い。
・水は凍らせたものを数本持っていくと良い。クロークに預けておけば荷物にもならない。
・(ロッキンでは)CDJの4日通し券を買うとかなり安い。僕は買う。

 

 

夏フェス、楽しみましょう!!!

 

 


この他にもこれがあったら便利だよ!というものがあれば記事下のTwitterボタンからコメントをお願いします!!追記したいと思います。