2016秋アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

どうもこんにちは。あいたんです。
 
私事ですが9月いっぱいで今まで勤めていた会社を辞め、10月から念願のアニメ業界での人生がスタートします。
これからもアニメとともに生活を送っていきたい所存です。
 

2016秋アニメ、期待の作品を語ろう!

数ある2016秋アニメの中から、筆者が期待している作品を独断で5つ選びましたので、その理由とともに紹介したいと思います。もし、他に皆さんがおすすめしたい作品があればコメントなりリプライなり頂けると嬉しく思います。
では、2016秋アニメ紹介、行ってみましょい!
 

1.『フリップフラッパーズ』 / 制作:Studio 3Hz

視聴理由:もはや”安定”の3Hz、作画がしゅごいいいいいいいい。
「オリジナル作品にこだわって作っていく」という3Hzの「天体のメソッド」に続くオリジナル作品2作目。前作「Dimension W」でも見られたもはや”安定”のアクション作画。グリグリ動いて大変気持ちいれす。ありがとうございます。監督は本作が初となるアニメーターの押山清高氏です。
 

2.『装神少女まとい』 / 制作:WHITE FOX

視聴理由:人気作連発のWHITE FOXが、ついにオリジナル作品に挑戦。
「シュタゲ」「リゼロ」等ヒット作を作り勢いに乗るスタジオWHITE FOXが、ついに念願のオリジナルアニメーションを制作。初のオリジナル作品だけあって、作画も結構頑張っている気がする。監督は「天体のメソッド」の迫井政行氏。
 

3.『終末のイゼッタ』 / 制作:亜細亜堂

視聴理由:何やら気合の入っていそうなオリジナル作品なので。
6月に突如公開されたPV。しかしスタッフ、キャスト、制作スタジオ等一切の情報は発表されず。同時公開されたヴィジュアルは、長い銃を手にした少女の立ち絵が印象的。間違いなく彼女が魔女のイゼッタでしょう。最初魔法少女とか戦争・武器とかのイメージでガイナあたりかと思いましたが違いました。徹底した情報統制からのスタッフ、キャスト発表。そこまでやるからには期待していいんですよねえ!?
構成・脚本は中二作品オッケー万歳の吉野弘幸氏。監督の藤森氏は「YAT安心!宇宙旅行」で演出やら作監やらやられていた方でしたか……個人的にとても懐かしい……
 

4.『ステラのまほう』 / 制作:SILVER LINK.

視聴理由:SILVER LINK.×川連監督の「のんのんびより」コンビなので。
「のんのんびより」で圧倒的な完成度を見せたSILVER LINK.×川連監督に、普通に期待します、ええ。それ以上のコメントはありません!以上!(笑)
 

5.『ViVid Strike!』 / 制作:セブン・アークス・ピクチャーズ

視聴理由:監督が西村純二氏なので。
監督は西村純二氏。筆者が大好きな「true tears」のお方です。PVの「弱いせいで何かを失うのは、もう嫌だ」という台詞だけでグッときてしまうオジサン。「魔法少女リリカルなのはViVid」と関連性があるらしい。

 

その他の期待作品

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 / 制作:サンライズ
第2期。下記で以前紹介した通り。

2015秋アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

『響けユーフォニアム2』 / 制作:京都アニメーション
「響け!ユーフォニアム」の第2期。下記で以前紹介した通り。

2015春アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

『アイドルメモリーズ』 / 制作:セブン・アークス・ピクチャーズ
セブン・アークス・ピクチャーズは今期オリジナル2作とすごいですね。こちらも要チェックです。

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』 / 制作:A-1 Pictures
志倉千代丸氏の名前を久しぶりに見た気がする。いつの間にラノベを出していたとは。PVを見たところ映像クオリティも高そうです。

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』 / 制作:セブン・アークス・ピクチャーズ×オレンジ
劇場版ですがここで紹介しないわけにはいかないので!本作はTVアニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の完全新作、2週間限定公開の劇場版です。11月4日(金)より公開です。皆さん見に行きましょう。私もこの作品は大好きで前に記事を一本書きました。どうやら、なんとか続編を作って欲しいという私の願いが通じたようです!これはBOXも買うしかない。オレンジのメカアクションに期待です。

新世代のロボットアニメ5選【その2】激しいCGメカアクションが魅力!『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』


 

終わりに

今期はオリジナルが熱くなりそうで最高なクールになりそうです。劇場作品も見逃せません。
それでは、皆様が楽しいアニメライフを送っていただけますよう。
 
ちなみに2016夏アニメの紹介記事はこちら。

2016夏アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

筆者のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。