2016春アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

どうもこんにちは。あいたんです。
 
もうすぐ3月も終わりですね!春ですね!2016年も4分の1が終わってしまいました!あっという間だ……
私は仕事を始めてから1年が経ってしまった。会社辞めたい……
 
よし……新作アニメを見て元気を出すぞ!春アニメは期待の作品が盛りだくさん!
 

2016春アニメ、期待の作品を語ろう!

数ある2016春アニメの中から、筆者が期待している作品を独断で5つ選びましたので、その理由とともに紹介したいと思います。もし、他に皆さんがおすすめしたい作品があればコメントなりリプライなり頂けると嬉しく思います。
ちなみに2016冬アニメの紹介記事はこちら。
[http://nikkech.com/blog/2016/01/04/post-12878/] では、2016春アニメ紹介、行ってみましょい!
 

1.『クロムクロ』 / 制作:P.A.WORKS

視聴理由:岡村監督の新作オリジナルアニメだから。
『DARKER THAN BLACK』『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』の岡村天斎の新作が、オリジナルのヒットメーカーPAで、キター!
PAと言えば美しい美術が毎作話題に上がりますが、PVからハードな作風が予想される今作では、アクションやメカにも注目が集まりますね。PAの作画力、地力が見える作品になってくるんじゃないかなと思います。
 

2.『甲鉄城のカバネリ』 / 制作:WIT STUDIO

視聴理由:ギルティクラウンスタッフが再集結。期待のWITでオリジナルアニメなので。
監督荒木哲郎、シリーズ構成大河内一楼、音楽澤野弘之という豪華スタッフによる渾身のオリジナル作品。PVからもその熱量が伝わってきますね。迫力のアクション、メッセージ性を感じられる力強い台詞の数々、これは期待せずにはいられません。
 

3.『キズナイーバー』 / 制作:トリガー

視聴理由:トリガー5周年、オリジナルアニメなので。
今期はオリジナル作品が目白押しですね。こちらも期待です。今やアニメファンなら誰もが知っているであろう岡田麿里が原作を担当。タイトルから「キズナ」「ナイーブ」といったセンシティブなキーワードが連想されます。ここら辺は岡田さんの得意分野と言ったところでしょうか。仲間を通しての自己の存在意義とか、そういうところに話が繋がっていきそうです。
 

4.『僕のヒーローアカデミア』 / 制作:ボンズ

視聴理由:ボンズがビッグタイトルをアニメ化するとのことで。
個人的にボンズの作画が好きなので。弱い主人公なんだけど真っ直ぐ運命に向き合って行きそうな、そんなイメージの山下君の演技もイイですね。そういう王道感も惹かれるところです。深夜アニメばかり見ているとたまーに欲しくなります(笑)
 

5.『ばくおん!!』 / 制作:トムス・エンタテインメント

視聴理由:自転車アニメをやったあのスタジオが、今度は二輪アニメをやると聞いて。
色彩と、CGを使った二輪の描写で、もしや……と思った方、ビンゴです。制作は『弱虫ペダル』のトムス・エンタテインメント。筆者はバイクにはそこまで興味はないのですが、確かなクオリティで見せてくれそうな一作だと感じました。
 

その他の期待作品

『迷家-マヨイガ-』 / 制作:ディオメディア
水島努×岡田磨里によるオリジナル作品。

『エンドライド』 / 制作:ブレインズベース
ブレインズベースでは久々のオリジナル作品でしょうか。構成の待田氏は『THE IDOLM@STER』『Wake Up, Girls!』等を担当。信頼感抜群。

『宇宙パトロールルル子』 / 制作:トリガー
トリガーは今期2作品ですね。5周年ということで気合が入ってます。こちらは今石監督によるオリジナル作品。

『マクロスΔ』 / 制作:サテライト
言うまでもなく、超人気シリーズの5作目です。

『文豪ストレイドッグス』 / 制作:ボンズ
PV見たら、文豪というタイトルに似つかないアクションでした(笑)ボンズ作画に期待です。

『ジョーカー・ゲーム』 / 制作:Production I.G
原作は一般文芸。歴史もの、スパイものといったところがアニメではあまり見ない世界観なので興味深いです。
 

終わりに

春は熱のこもったオリジナル作品が多くてニヤけてしまいますね、本当に。
良い季節になりそうだ。
それでは、皆様が楽しいアニメライフを送っていただけますよう。
 
[http://nikkech.com/anime/post-19036/][http://nikkech.com/biography/post-3935/]

ブロガー募集
にっけちゃんねるでは現在「ポケモンGOプレイ日記」「今週のテーマ」「日記」を書いて下さるブロガーを募集しています。Twitterのアカウントさえあれば誰でもブログが書けちゃいます。下のボタンからどうぞお気軽にご参加ください!

5 件のコメント