みさきんぐのゆるゆる音楽雑記

 

 

こんばんは、みさきんぐです。今週も連載ということで投稿するのですが、実は私、暇になったらなったで音楽との関わりが薄くなってきました。多忙期には「時間出来たらたくさんライブに行くぞ~~」と意気込んでいたのですが……。人間ってうまくできてない。
ということで、今回は日記じみた音楽雑記を書いていこうと思います。

 

今週、唯一足を運んだライブ

 

sact

ご存知の方も多いかと思いますが、わたくし、松山晃太(BYEE the ROUND)さんが好きなのでこちらの弾き語りライブに足を運びました。ちなみにOAの片桐章吾さん以外はバンドのライブ、または弾き語りでも観たことのある方々です。小林聡里さん(THE NAMPA BOYS)、原嶋卓哉さん(codomotona)、平井拓郎さん(QOOLAND)!奇をてらったり「ロックンロール!!!」と連呼したりする方もおらず、それぞれ正統的な上手さを武器にする方が多かったように感じました。もちろん、声の甘さが際立つ原嶋さん、独特の楽曲と歌い方の平井さんと、個性がないわけでも批判しているわけでも決してありません。

そんな中、私が魅力を感じたのは小林さん!もともとTHE NAMPA BOYSのライブは見たことがあったのですが………とりあえずバンドのMV紹介。

 

その曲名も「MAKEINU SONG」!元々この曲を聴いたことはあったけれど、まさかこの日に聴いて泣くとは思わなかった……。

もちろん松山さんも良かったし、いや良すぎたぐらいですが、何度も言うと自分でも飽き飽きしてくるので、この日弾き語った内の一曲を貼っておきます。なんてゆるい投稿なんだ……

ご本人いわく名曲の「最後の太陽」。私も名曲だと思う。いや、とにかく聞いてみてください。そして、彼は弾き語りの際は高い確率でカバーをするのですが、今回は荒井由実(松任谷由実)の翳りゆく部屋とジャクソン5のI want you backでした。カバーの選曲のセンスが非常にいい!以前はトータス松本や中島美嘉歌ったりもしていて、実に振れ幅がすごい。そして彼、松任谷由実の才能への想いは強い。

弾き語りっていうのは、バンドのヴォーカルとして活動してるときでは見えないものが演者も観客も見ることができて、やはり好きです。お酒もおつまみも美味しいしね。今後は弾き語りライブに重点を置いて出掛ける予定立てようかな。

アイドル!アイドル!アイドル!!!

先ほど言った通り、最近なかなかバンドのライブへ行く気になれません。その一方で暇さえあれば女性アイドルのMVを見まくっています。そうやって最近の自分にカチッとハマる、アイドルソングを載せていこうと思います。



手抜きだって言わないでね。音楽が大好きだって言ったって、たまに飽きることもある。いや、飽き性の私が幼いころから今まで、これほど好きでいられたのが奇跡だと思ってます。
お別れの曲はアイドルグループpaletで「All for One」

「キミと一緒に叶えたい!!!!!!」

なんとなく、私、現場厨のアイドルオタクに戻りそうな気がする。

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK