みさきんぐの【人生で一番高い買い物】は、早かった

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

今週のテーマは「人生で一番高い買い物」ということで、ついさっきまで家中を見渡していました。目の前にあるPCは買い与えられたものだし、にっけ氏のようにはいかない。

物置部屋(小屋っぽいニュアンスがあるが、クローゼットがあったり箪笥が置いてあったりするただの部屋)で気が付いた。コート、バッグ、ブーツ。2015年、年明けのセールで買ったLIMI feuのコート、5万円とちょっと也。数か月前に衝動買いしたBAO BAO ISSEY MIYAKEの黒のバッグ、5万円とちょっと也。1年前に衝動買いしたLIMI feuとDr.Martensのコラボブーツ、5万円とちょっと也。

何千円とか細かいところまで覚えていないから一番ってはっきりと言えないな~、しかし大学生にもなると衣類にお金を出せるようになるんだな~と感慨に浸っていました。服、好きなんです。それよりもバッグと靴が大好きなのですが。それと、その3つの写真を上げようと撮ってみたのですが、現物の5割減な魅力しか収まらずイラついて即SDカードから削除しました。カメラの性能が悪いのか私の技術の問題か。

しかし!自分の部屋に戻った時気が付いたのです。マイルームに鎮座しているその存在に。

人生で一番高い買い物は案外早く経験していた

DSC_0284
これ、なんだと思いますか。

開けてみると、

じゃーーーーーーーーーーーーーーーん!
DSC_0285

中学生のころ吹奏楽部に所属していたのですが、1年に3日しか休みがないってくらいハードなところだったのです。そこから察しはつくでしょう、顧問はそこそこ有名な人で、走り込み、トレーニングもしたような所謂体育会系文化部。私は洗脳されていきました。この忙しさとキツさは普通のことだ!いや、これはまだキツくない方なんだ!顧問神!

その洗脳の末にたどり着いたのが先程のマイ楽器です。中学生の私が買いました、YAMAHAの金管楽器ユーフォニアム。その額56万円+消費税也。中学生が56万円。鼻水と汗垂らして何にも考えていなかった小娘が。ただの馬鹿です。

 

 

 

 

 

母「頑張ってるし買ってあげるよ」

流石に親がお金を出してくれました。中学生がそんなお金持ってるわけないもんね。
しかし、母の言葉には続きがあります。

母「頑張ってるし、楽器買ってあげるよ」

母「ただし、高校生になっても吹奏楽部入ってユーフォニアム続けること」

母「それと、これは借金だから。出世払いね!」

高校生になったものの、燃え尽き症候群から抜け出せなかった私は吹奏楽部に入れず、楽器は埃をかぶることになりました。マイ楽器が活躍したのは1年半。そして大学生になった今、私は多額の借金を背負っています。毎月毎月、少額を返し続けていますがなかなか返済まではたどり着けません。

自分を表すものは自分自身だけでないと思っています。身に着けるもの、所持品はその人を映し出す。言葉遣いや身のこなし、それこそ、こうやって綴っている文章もそう。えーっと、簡単に言うとあれです。部屋が綺麗か汚いかってだけで、意外と人柄を判断できたりするじゃないですか。それが全てとは思いませんけれども。

だからといって、ふんぞり返って無理に無理を重ね、自分に似合わないものを持とうとするのは正しくない気がします。私のことですね。間違いではないけれど、それが自身を持ち上げ、成長させてくれる高い踏み台になるかもしれないけれど、大きなリスクが伴います。

衝動買いには気を付けましょう。

終わろうとしてたけどちょっと待った

そうだそうだ、思い出しました。
ユーフォニアムといえば、今年の春から「響け!ユーフォニアム」というアニメが始まるみたいですね。

やっとユーフォニアムが日の目を見る時が来た。