戦わない戦い方

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

日曜日担当、しばです!ついに今年度がはじまりましたね。

しばはまだ足ガクガクで頭パンパンですが、ちょっと希望も見えてきてるところです。頑張るぞ・・・

 

戦う社会人に向けてのエールがあがっていますね。

エモい・・・・

エモい記事は大好きです。癒されたし、元気出ました。エモ記事に感謝。

ゆっこさん、励ましの言葉ありがとうございました。優しい…泣いちゃう……

真面目なんですよね。考えすぎる癖があって、身動きとれなくなっちゃうときがよくあります。

真面目で頑固だから厄介なのです。そのくせ仕事ができないからもっともっと厄介なのです。あぁ…

自然はいいですよね。空とか、草花とか。人間の感情とはまったく関係なくただ在るところが。ただ雲が流れる。ただ花が咲く。散る。不思議ですよね・・・地球に生まれてよかった〜って感じです。(?)

たたかうおとなのみなさんへ

新社会人のみなさん、社会人デビューおめでとうございます。お別れの寂しさとか、出会いの緊張とか、覚えることたくさんの忙しなさとかでめちゃくちゃお疲れのことと思います・・・正直、私も1年目の4月の記憶があんまりありません。ときどきリフレッシュしながら、徐々に慣れていけるように頑張ってくださいね。

たたかうみなさんへのメッセージ。うーーんと、なんだろう。

飲んでも飲まれるな。

ですかね。お酒の話ではありません。

権力の中枢は空洞 -田中角栄

人の世をつくるのは神でも鬼でもない。向こう三軒、両隣に住む人である。-夏目漱石『草枕』

権力に飲まれぬよう、自分をしっかり持ってください。日本の文化では若手というのは多くの場合、立場が弱いです。年齢が高いだけですっからかんの人でも立てなければならない。

自分を大きく見せて従わせようとする人だっている。人を貶めて自分の価値をあげようとする人だっている。兎角に人の世は生きづらい。でも、結局みんな人間なのです。おうちでは肘ついてご飯食べてるかもしれない。奥さんの尻に敷かれてるかもしれない。娘に口きいてもらえてないかもしれない。いい歳してお母さんに怒られてるかもしれない。

もちろん、この世はジョブローテーションしてるので目上の人には敬意をはらって謙虚に学ばなければ社会は回りません。敬意は大事です。くだらないなと思っても、敬意ははらうべきだと思います。私が大事にしている言葉に、“好きな人には優しく、嫌いな人には礼儀正しく”というのがあります。自分も人も責めるべきではありません。失敗したら冷静に分析する、手立てを講じる、実践する。うまくいったかチェックして改善してまた実践する。それを繰り返す。だたそれだけ。いわゆるPDCAです。PDCAの輪の中で踊りましょう。

大事なことなのでもう一度書くのですが、自分も人も責めるべきではありません。勝手に選択範囲を広げて「だから私はだめなんだ」ってしょんぼりするべきではないです。あなたはだめじゃないです。これまでたくさん乗り越えて生きてきたんだから、それだけであなたは立派です。というか、生まれてきただけで100点。大丈夫だよ。えらいえらい。

誰もが誰かにとって大事な人です。自分にとって「うざいな〜」と思う人でも、誰かにとっては大事な人です。かけがえのない人です。それを忘れてはいけません。人の悪口はやめたほうがいいです。

わぁ、「年齢が高いだけですっからかん」とか書いてある。だれだこんなことを書いたのは。(棒読み)

飲まれないで、飲みましょう。全部味わいながら飲み干してしまいましょう。のどごしを感じてください。一気飲みは危ないからしないほうがいいです。

怖いこともたくさんあるけど、ちょっとしんどいけど、楽しいよ、社会人。一生かけても読み切れない図書館の中にいるようです。はじめて知ることがたくさんある。いろんなドアが自分に向けて開かれている。自分の時間と労働力と引き換えにお金が手に入る。どこへでも行ける。何にでもなれる。だからこそ迷ってしまったりもするんですが。

自分を見失わないで、いつでも駆け出せる軽快なステップで、一方通行のこの道をいきましょう。進路変更も自由です。360度あなたの道です。私も別の道を、時々すっ転びながら、ちょっと笑いながら、進んでいるところです。あなたとわたしの道が交差したときは、そこで握手をしようね。

そういえば、去年の3月に社会人1年目の感想を書いたのでこれも参考にしてください。(社会人1年目の終わりに

柄に合わず偉そげに先輩っぽい記事を書きました。これあとで読み返して恥ずかしくならないかな?なってもいいや。自分に向けてのエールでもあります。

ではでは、日曜日担当、しばでした。人生、どんどんよくなっていくといいですね。どんどんよくなっていくと思いますよ。信じるの大事。

また来週!いい一週間になりますように。