今巻もアツくなれた。人生頑張ろうって思える漫画『重版出来』

FullSizeRender

読むと元気がもらえる漫画『重版出来』の
6巻が先日発売となりました。

社会人になってから読むと、
学生の頃よりもさらに心に響きますね。

今回の巻では、オムニバス形式で話が進みます。

・四代続く地方書店の店主と町の人々との繋がり
・黒沢心が担当する新人作家・中田伯と共に初連載を勝ち取るまでの奮闘
・書籍を陰で支える校閲者

どのストーリーをとってみても、とても手の込んだ作りになっていて、作者の熱量を感じます。
この作者さんはきっと、取材とかしっかりやっているんだろうなあ…

特に心に残ったのは校閲者のストーリー

特に、普段スポットライトの当たることのない校閲者
に着目したストーリーがとても素晴らしかったと感じました。

FullSizeRender 2

FullSizeRender 3

キッチリすべての文章が正しい日本語だから良いってものでもなく、
すべてを校閲しきってしまうと作者の味が薄れ、
だからと言って全く校閲をしないわけにもいかない。

普段全く校閲など意識せず本を読んでいたので、
新たな世界を知ったなあという気持ちです。

さきほども書きましたが、
この漫画の作者自身も、作中の校閲者と同様、
見えない位置できっとたいへんな努力をしているのだろうなあと強く感じました。

人から気付かれない位置でもしっかり仕事を果たさなくてはなと、
これからの仕事に対するモチベーションが上がりました。

他の登場人物もとても魅力的でした

デビューが決まり、号泣する中田

デビューが決まり、号泣する中田

感情をうまくコントロールすることができない中田くんが、
デビューが決まって「生きてて良かった」と号泣するシーンなんかはとても感動的でした。

中田くんと黒沢が同時に泣いている姿を見て、
信頼できるパートナー同士ってとても良いなあと感じました。

FullSizeRender 5

ネットで知り合った人が実は女性だった!
なんていうエピソードも。(どこのモテキだよ!)

とにかく盛りだくさんの6巻でした。ぜひ書店で手にとってみてください。
元気になれること間違いなしです。

ツイッターでの声

ツイッターのみなさんの方が良い感想を言ってくれていますね。