2017春アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

どうも、あいたんです。
 
春、それは何かしらのスタートの季節。自分はあまりこの季節にいいイメージがないのか、何故だか温かくなってくると憂鬱な気分になる、そんなこの頃です。
最近、新しいアニメを見ることにあまりモチベーションが向かなくなってきている気がする。どちらかというと作るほう、もしくは見るとしても好きな監督の過去の作品を見たりとか、ちょっとした目的を持って見ることが多い。まぁそうは言いながらもとりあえず今期もアニメを見るか……でもあんまりたくさんは見られないので数を限定しよう、てな感じで何作か勝手に選んで、今回も主に自分のためにこの記事を書いてます。
 

2017冬アニメ、期待の作品を語ろう!

数ある2017春アニメ(劇場作品含む)の中から、筆者が期待している作品を独断で5つ選びましたので、その理由とともに紹介したいと思います。もし、他に皆さんがおすすめしたい作品があればコメントなりリプライなり頂けると嬉しく思います。
では、2017春アニメ紹介、行ってみましょい!
 

1.『進撃の巨人』 / 制作:WIT STUDIO


視聴理由:WIT STUDIOの原点、ヒット作なので。
一時の勢いは感じられないものの、1話を見れば気付いた時にはその世界観に引き込まれている、やっぱりエネルギーのある作品だなと思います。筆者は原作を全く知らないのですが、サシャちゃんがかわいいのでサシャちゃんが死ぬまでは見ますね、はい。
 

2.『アリスと蔵六』 / 制作:J.C.STAFF


視聴理由:JCの凄そうな人達がメインスタッフなのと、原作が面白そうだったので。
監督の桜美かつし氏は『とある科学の超電磁砲』『とらドラ』等多くのJC作品で演出、レイアウト監修を務めた人物らしい。そこら辺の作品は自分も好きで、長井さんの力が大きいのかなとは思っていたけれど、この方はもしかすると自分の気付かない所で作品に大きく貢献していた人物なのかもしれない。特にレイアウトに注目しながら視聴しようと思います。
 

3.『月がきれい』 / 制作:feel.


視聴理由:今のアニメ業界にはこういう作品が必要とされているのではないかな、と筆者が思っているところを突いてきている作品なので。
「君の名は。」がヒットしてしまった以上、もはやオタクがオタクであるということがアイデンティティとしてあまり価値を発揮しない世界、というのが現在の空気かなと思っています。アニメ映画のヒットによって、新たにアニメに興味を持ち始めた人って増えていると思うので、そういうライト層が触れやすい作品を作っていくのは今後必要かなと。それはオタクをないがしろにするということではなくて、アニメファンの裾野を広げるという意味で。個人的にはアニメの世界はコアな表現もできるその奥深さが魅力だと思っているけれども、アニメの入口になり得る作品はもっと増えていいと思う。本作のような王道ラブコメは大ありです。オリジナルでこういう作品が出てきた、というところが非常に興味深いです。
 

4.『サクラクエスト』 / 制作:P.A.WORKS


視聴理由:PAのオリジナル。これも『月がきれい』同様、アニメの入口たり得る作品になりそうだな、と思うので。
「お仕事シリーズ第3弾」って売り込み方は正直寒いけど(どこまで行っても『花咲くいろは』は『花咲くいろは』だし、『SHIROBAKO』は『SHIROBAKO』だと思うので。特に『花咲くいろは』はそれ一作で完結するテーマ性を持っていると、個人的に高く評価しているので。細かくは前に他の記事に書いた気がします)、これも良い意味で誰でも見られそうな作品だなと。監督は『棺姫のチャイカ』の増井壮一氏。PAが新たな監督を招いてやる作品なので、どういう毛色の作品になるのかと期待しています。
 

5.『Re:CREATORS』 / 制作:TROYCA


視聴理由:あおきえい、広江礼威、そう聞いただけで心が震える。
『空の境界』『喰霊-零-』『Fate/Zero』のあおき氏が監督、『ブラック・ラグーン』の広江氏が原作のオリジナルアニメとなれば、それだけでアニメオタク的には視聴する理由として十分かと思います。澤野氏の音楽も好きなのでこれは見ます。
 

その他の期待作品

『エロマンガ先生』 / 制作:A-1 Pictures
『俺妹』の伏見つかさ氏が原作。

 
『正解するカド』 / 制作:東映アニメーション
東映が挑むフルCGアニメ。オリジナル作品。

 
『サクラダリセット』 / 制作:david production
川面監督なので見てみようかなと。

 
『ID-0』 / 制作:サンジゲン
サンジゲンのオリジナルアニメ。まさかの谷口×黒田コンビ。ビッグネーム過ぎてマジかって感じですよ。『スクライド』以来16年ぶりらしいですよ。

 

終わりに

今期もたくさんのアニメが放送されます。その中で、深夜アニメでありながら広く一般に受け入れられそうな作品が、それも”オリジナル”で出てきた、というところに可能性を感じます。色々な意味で閉塞的なアニメ業界が少しずつ”開けて”きたのかな、という印象です。
それでは、今期も皆様が楽しいアニメライフを送っていただけますよう。
 
ちなみに2017冬アニメの紹介記事はこちら。

2017冬アニメから個人的に期待している作品を選んでみた【今期のおすすめ】

筆者のプロフィール