下北沢は楽しい(日記)

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

こんばんは~!あやです(ペコ)

もう9月ですね。

9月になった瞬間にツイッタランドでは「セプテンバーさん」大量発生で、突然のコール&レスポンス。さすがツイッター。

 

しかし、セプテンバーさん発生と同時に感じるのは、私の学生最後の夏休みも後半戦に入ってしまったと言うこと..。

夏休みが終わるのはいいんですよ。他に問題が….。

 

あれ、課題が終わってないゾ。

 

しかも、心のどこかで学生あるあるだと思っているので、大して危機感も湧かない。

誰かにお尻を叩いてほしい。

 

という事で(無理矢理)!今一歩、危機感のない学生の私は「ユアネス」というバンドの弾き語りを目的に下北沢に行って参りました。

 

 

「ユアネス」は今年のRO JACKの優勝者で8月のROCK IN  JAPAN FESTIVALにも出演されていたバンドです。

公式MVも色々とUPされているのでぜひ。

正直にユアネス目当てだったのですが、どの出演者の方もとても個性があって素敵でした!(3つのバンドが出演)

 

下北で遊んだのは過去にも何度かあったのですが、ライブは初めてだったので控えめに言って「最&高」「ライブ後の下北はエモい気分になる」「下北に余裕で住みたい」「飲酒したくなる雰囲気」って感じです。

 

他にも、お昼は古着屋さん巡りやご飯を食べて満々満足でした!

麺類が好きではない友人を1週間前から説得して向かった「珉亭」。

たまたまネットで見つけて口コミを読んだら、

松重豊さんも、かつてここでバイトをしていた」というコメントを発見。

 

「歓喜ッッッッ!」

 

 

「孤独のグルメ」というドラマが好きな私はテンション上がりまくりです。

坂口健太郎似のお兄さんもいて下北沢のレベルの高さを感じました。

店内のギットリ感もいい。ラーメンも炒飯も美味しかったです。

炒飯が赤いので、何味なんだろうと思っていたけどチャーシューを食紅につけているので赤い炒飯になるそうです(食べログ情報)(食べたので写真はない)

いつか孤独のグルメの聖地巡りもしてみたいなぁ。

 

最後に、金曜の深夜に放送中の「下北沢ダイハード」を見ていたら、VVで撮影されている回だったのでワクワクしながら下北ヴィレヴァンへ。

 

店内でニマニマしながら写真撮ってるの私だけ…。(田舎者)

勝手に店内撮影するなと友人に怒られたけど、よく見て欲しい!

「インスタ映え店内No.1」「撮影OK」の文字をっ!(見えない)

インスタ映えは置いておき、下北のVVのレベルが高い。広い。段差でつまづく。

何でこんなに漫画の品ぞろえいいの?(本屋だよ)

9mmの福袋全力で欲しかった(バンドコーナーすごい)

KEYTALKが愛され過ぎている。

そして、私が買いたかった「関根くんの恋 第1巻」を購入したのはダレ?

 

全てにおいて地元のVVとの圧倒的「差」を感じてしまいました。

でも、VVはどこの店舗であっても私達を楽しませてくれる存在。

地元のVVも愛します。ごめんなさい。

 

……ふぅ。

色々とまとまりのない文章をダラダラと書き殴ってしまいました。

そのくらい1日楽しかったです。

そして、にっけちゃんねるさんにこうして記録できたので、

気持ちを切り替えて課題と日常生活(昼夜逆転)を頑張っていきたいです(抱負)。