2016年読書ログ あいたん

虐殺器官/伊藤計劃

読書日・読書場所

昨年11月ごろからだらだらと1/24まで。主に自宅にて。

感想

 肉体の臓器が遺伝子によって規定されているのに、心だけが自由であるはずがないというお題からスタートする。心によって生まれた言語や利他行動は人間固有のものだが、それは他種と比べて特別なことではなく、鳥に嘴があるのと同じ。ただの進化の過程にすぎず、今はそれが中途な状態にある。筆者はそう冷静に論を展開してはいるものの、戦争や飢餓の描写を読んでいると、見たくないものを見ないでいる、中途半端に倫理性を獲得した人間という生き物について、怒りを覚えているように感じた。
 それについては私も思うところがある。2011年、東日本大震災が起こったとき、いろいろなところで不謹慎だという声を聞いた。つらい思いをしている人たちがいるのに、平然と日常を謳歌することに対しての疑問の声だと思う。けれど、世界的に見れば、日常的に戦争だったり飢餓で苦しい思いをしている人たちは無数にいるわけで、何も震災だけが特別なことではない。それなのに何故か震災のときだけ騒ぎ出すのだ。普段他のところで起きる不幸には目もくれず、のうのうと日常を謳歌しているくせに。自分の目に飛び込んできたものだけがすべてだと信じ込んで、自分の知らないところで多くのことが起こっているということを想像すらできない人間の傲慢さに吐き気がしたものだ。
 本作では、最終的には幾人かの登場人物が各々自ら進んで罰を受ける形で利他行動を示し、話が収束していく。人間の利他行動や倫理性が、いずれ完全なところに至ることを匂わせながら。筆者は怒りを感じながらも、基本的にはそうした人間の行動原理を愛おしく思い、一縷の希望を抱いていたのかもしれない。私はそこに深い共感を覚えた。第5部はカタルシスが押し寄せてあっという間に読めてしまった。
 あとやっぱりサイバーパンクはいいね!伊藤計劃は社会派SF作家だった。世界地図を見ながら読みたくなった。

ついっとまとめ

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK