ゆるい生き方 | レバレッジメモ

ゆるい生き方 / 本田直之

ゆるい生き方 / 本田直之

ゆるい生き方 / 本田直之

 

レバレッジメモとは?
レバレッジシリーズの著者、本田直之氏が勧めるレバレッジリーディングの要となるメモ法。本を読んだままで終わらせるのではなく、重要な部分に線を引き、線を引いた部分をメモに書きため何度も読み返す。当サイトでは、このレバレッジメモをブログ形式で公開しています。
にっけのレバレッジメモまとめ
▷ レバレッジリーディング (書籍のAmazon リンクです)
▷ 読んでも忘れてしまっては意味がない!SEが実践している効率10倍アップの読書術(レバレッジメモのさらに詳しい説明です)

ストレス、追われてる感、もめごと、疲れる…そんなカリカリライフはもうやめた。本田式新しいライフスタイルのススメ。

レバレッジメモ

仕事上の問題は「正しいか正しくないか」で判断する。
そしてプライベートの問題は「楽しいか楽しくないか」で判断する。
この原則を守っていれば、物事は大抵うまくいくはずです。
「やることリスト」よりも「やらないことリスト」の方が大切
ゆるい楽しい毎日を過ごしたければ、日常の中でとにかくたくさん笑うことを意識しましょう。
自律神経のバランスを整え方:朝の歯磨きをゆっくり行う
モノを捨てる作業は一種の棚卸しのようなもので「自分にとってなにが大切なのか」を再確認する作業にもつながります。
日常から「絶対に◯◯しなきゃ!」という時間をなくしていくほど、毎日はラクになっていきます。ブログも各種スクールも、あまり堅苦しく義務化せずに「夜11時を過ぎたら書かない」や「雨が降ったら休む」など、適度に息抜きできるようにしておいたほうが結果として長続きするでしょう。
疲れていても完全休養しない。いちばんよくないのは、せっかく週末を「空白の1日」にしてしまうこと。どこに出掛けるわけでもなく、家でダラダラと時間だけを浪費することは、一見完全な休養をとっているように思えますが、じつは疲れた状態をキープしているだけで、なんの休養にもなりません。むしろ疲れを増幅している可能性さえあります。