ビジョナリー・ピープル | レバレッジ・メモ

IMG_1395
 

自分の道を追求しつづける人たちがいる。
ひたむきに、真っ直ぐに、生きていく人たちがいる。

自らのビジョンに向かって突き進み、
彼らは新しい時代を切り拓く。
彼らは、世界に変革を巻き起こす。

そんな人々を、「ビジョナリー・ピープル」と呼ぶ。

レバレッジメモとは?
レバレッジシリーズの著者、本田直之氏が勧めるレバレッジリーディングの要となるメモ法。本を読んだままで終わらせるのではなく、重要な部分に線を引き、線を引いた部分をメモに書きため何度も読み返す。当サイトでは、このレバレッジメモをブログ形式で公開しています。
にっけのレバレッジメモまとめ
▷ レバレッジリーディング (書籍のAmazon リンクです)
▷ 読んでも忘れてしまっては意味がない!SEが実践している効率10倍アップの読書術(レバレッジメモのさらに詳しい説明です)

レバレッジ・メモ

成功するための必要条件

成功を収めている人たちは<自分のしていることに愛情を持つ>ことが、成功するための必要条件だと言っていた。
自分にとって重要なこと、成功を意味することとを注意深く検証しはじめれば、そのときはこの疑問に答えられる用意ができあがるだろう。「なぜ今の今、私は自分の生きがいに打ち込んでいないのだろうか」
人生では長続きしないことがたくさんある、しかし意義はその例外だ。
完璧さが最後の最後になって手に入るのは、何も付け加えるものがなくなったときではなく、何も取り去るものがなくなったとき。

世界の見方

もし目にしたものが気に入らなければ、それを変えようと努力する。変えられなければ、それを見つめる視点を変えてみる。違った角度から見ることで、それを変えられるかもしれない。あるいは、その中に自分が活用できる何か好ましいものが見つかるかもしれない。というのも、その好ましいものが内部からそれ自体を変えるかもしれないからだ。
皮肉なことに、人生ではただひとつのことに専念しろと社会が働きかけてくるのと同時に、そうした社会での一般的な常識が、整然と小さな断片に切り分けられたバランスのとれた人生を送れと圧力をかけてくる。

自分の時間

人に与えられた時間は限られている。だから、誰か他人の人生を生きて、その時間を無駄にしてはならない。

成功と失敗

敗者はそれを失敗だと言い、勝者はそれを学習だと言う。
成功とは、独創的な仕事ができ、その衝撃がいつまでも続くことを言う。
成功とは、自分が幸せということだ。
成功とは、充足感に満たされるような人生に打ち込むことだ。
成功とは、さまざまな人たちと強いつながりや絆をつくることだ。
私は、自分の成功よりも失敗から学ぶことのほうが多い。
成功とは、有意義なことに打ち込む自由があるということだ。