半径5メートルの野望 | レバレッジメモ

半径5メートルの野望 / はあちゅう

半径5メートルの野望 / はあちゅう

 

レバレッジメモとは?
レバレッジシリーズの著者、本田直之氏が勧めるレバレッジリーディングの要となるメモ法。本を読んだままで終わらせるのではなく、重要な部分に線を引き、線を引いた部分をメモに書きため何度も読み返す。当サイトでは、このレバレッジメモをブログ形式で公開しています。
にっけのレバレッジメモまとめ
▷ レバレッジリーディング (書籍のAmazon リンクです)
▷ 読んでも忘れてしまっては意味がない!SEが実践している効率10倍アップの読書術(レバレッジメモのさらに詳しい説明です)

そこらの自己啓発本よりやる気が出る一冊。何度でも読み返したい一冊。

とにかく名言が盛りだくさんだったので、章ごとにビビッときた文章をレバレッジメモとしてまとめておきたいと思います。

レバレッジメモ

第1章 負を燃料に変える

学んだことを今度は徹底的に真似します。仕事でもライフスタイルでも同じです。「この人、素敵だな」と思う人に近づいて一緒に行動したり、ブログやら本やらを読み込んで研究するのは、その人に近づく手っ取り早い方法だと思います。
「やりたいことをやるために、やらなくてはいけないことをやる」というのは全世界、どんな人にも共通するルールです。それなのに、「やらなくてはいけないこと」をすっ飛ばして「やりたいこと」だけやろうとする人を見ると、頭にきてしまいます。
「上機嫌で、テンション高くやれば、なんでもうまくいく」

第2章 機動力を鍛える

私は、自分が面倒くさがり屋なのを自分でイチバンわかっているので、何かやろうと思ったら、最初にボールを投げます。
心を鍛えるには、とにかく心をよく動かす。強い感情を定期的に持つことです。

第3章 存在感をつくる

無関心でいられるより、嫌われるほうがマシ。その人の心の面積をどれだけとっているかが、私にとっては大事です。
一流の人たちが生きる世界というのは、努力していることが普通の世界
ポジティブなオーラを身にまとい、ポジティブな空間にいる人生にするために、人や世の中の悪いところばかりに焦点を当てている人とは、距離を置くことをおすすめします。

第4章 夢を叶え続ける

そして、夢を気軽にかなえてさえいれば、その人生は夢を叶え続ける人生になるのです。大切なのは、夢をかなえるクセがあるかどうか、だと思います。
夢を叶えるには「ノリを良くする」ことが不可欠です。
小さな夢をおろそかにしていたら、大きな夢が叶うわけがない
夢を叶えると決めたら、締め切り日を決めることが一番大事です。
SNSは無料で使える自分の宣伝ツール
やらなくてはいけないことが目の前をただ通り過ぎるのを待っているうちは、時間の無駄でしかないけれど、当事者意識を持った瞬間に、過ごす時間が濃くなります。得する人生の送りかたは、絶対に濃い時間を過ごしたほうです。

第5章 自分の居場所を見つける

具体的なイメージを持つことと、明日でも明後日でもなく、「今日から自分の行動と意識を変えること」だと思います。

第6章 進化と深化のバランスのとり方

自分を変えたいとか、人生に変化をつけたいと思っているなら、新しいことを始めるより、何か一つをやめてみることのほうが、近道になります。

第7章 人生を最高傑作に変える

「予定を立てることに命をかけています」
予定が一日をつくり、その積み重ねが私の人生になる
私は、会社員をしながら個人の仕事をする、というスタイルを6年弱続けましたが、振り返ってみると、毎日がピンチでした。

おわりに

人生ってきっとほんのちょっとのことで変わります。髪を切る、服を買う、部屋を片付ける、本を読む、新しい友達をつくる、1時間早起きする、美味しいご飯を食べる、大事な人にプレゼントをあげる、親にありがとうと言う、手紙を書く……他にもふわっとした思いつきが実行に移してみることで、その日一日が、昨日とは全く違う、新しいものになるはずです。