【きんロバ】 『小嶋陽菜と50人の「どうする?」女子』に行ってきた 【もう今年の運使い果たした】

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

 

 

 

こんばんは、みさきんぐ(Twitter)です。

 

 

twitterでも少し騒いでいたのでご存知の方もいるかもしれませんが、小嶋陽菜さん(AKB48)の写真集を購入しました。その写真集の名も「どうする?」

http://www.amazon.co.jp/372/dp/4800238277

どうする1

 

 

で、購入者特典のこれに応募しました。

どうする2

『小嶋陽菜と50人の「どうする?」女子』です。

50人限定です。当たるとは思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜びすぎて気持ち悪い。 しかし、一つ難点がありました。

 

 

 

 

 

 

 

プリンセスとは程遠い容姿と性格をしている私には居心地悪そうなイベント。

のちに変更の連絡が入り

 

 

 

 

 

オーマイガー

 

 

 

 

 

 

イベント当日

 

 

 

会場はアーフェリーク白金。

 

 

 

白金って地だけでも緊張するのに、会場として使われるアーフェリーク白金は結婚式場で、しかも白・ピンク基調の建物だからとにかくかわいい。緊張バロメータが。

 

 

 

 

 

 

 

開始時間を少し過ぎたころ。 後ろから小嶋さんが入場。赤いドレスワンピを着ていて、もう美しすぎて女神かと思いました。周りの女子も悲鳴をあげてた。

 

 

 

 

 

 

 

この後のプログラムは、小嶋さんとヘアメイクの河北さんによる「小嶋陽菜顔」になるためのメイクレッスン、写真集「どうする?」の舞台裏?制作秘話?    

 

 

 

 

 

 

メイクレッスンの時、河北さんから「陽ちゃん(小嶋陽菜)と俺は兄妹だから」と言われ本気で嫌がる小嶋さんがとにかくかわいかった。そんなことを言い合ったり嫌がったりできるほど、雑誌「sweet」の現場に打ち解けられているんだなーと、もうほくほくしちゃいました。7、8年前は人見知りで、この先大丈夫なんだろうかと心配していたけれど、今ではそんな心配は無駄ですね。親戚のおばちゃんになった気分に浸っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、撮影秘話の方では、あるセクシーなショットを 「こういう写真を撮るときは、どんなことを考えているのですか?」 と質問された小嶋さんは 「お腹すいたなーーーって思って撮ってました」 …………まじか。    

 

 

 

 

どうする3 この写真について。 撮影にたずさわった男性陣からは、「これはパンツが見えていた方がよかった」と批評されたらしい。いや、パンチラはもろすぎて美しさが失われる気がする。という私の意見。小嶋さんのパンチラが見たいのであれば「メグたんって魔法使えるの?」で検索すればよろし。     

 

 

 

 

 

 

 

その中でも感心してしまうことがありました。この写真集の中でも、普段の撮影でも、求められる表情は変わってくると思うんです。それをどう察知してどう表情の変化をつけているのか?  

 

 

 

 

 

「メイクされたとき、そのメイクの雰囲気でかなー。スイッチが入る感じ。意識してることはないかな。自然と出てくるから。」  

 

 

「だって、これ(セクシーな表情をした写真を指さしながら)撮ってるすぐそばにこの人(河北さん)がいるんですよー?落ち着いてなんてできない。近くで変なこと言ってるし。」

 

 

 

※今回のイベントから察するに、ヘアメイクの河北さんはちょくちょくボケをかましてくるような、明るくておしゃべりな方だった。    

 

 

 

 

 

 

小嶋陽菜、おそるべし。私なんてカメラを向けられて笑うだけでもつらいのに。無意識にあんな、かわいかったり、美しかったり、無邪気だったり、セクシーだったりする。たくさんの顔をいつの間にか持ち合わせていたってことか。流石、女の子の神様!!!!!!!!!    

 

 

 

 

 

そのあと、プレゼント抽選のコーナー。      

 

 

 

 

 

 

 

入場の際渡された私の札には、27番の文字。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、小嶋さんが耳につけていたmiumiuのイヤリングが………                

 

 

 

当たってしまいました。 私の強運よ。          

 

 

 

 

 

 

 

けれどそんなのはどうでもよくて(よくないけど。死ぬほどうれしいけど。)、「ファンの子からもらった方を私(小嶋さん)が使う」 「私とお揃いねー♥」 このふたつの大きな気遣いというか優しさというか。考えてそうで考えてなさそうで考えてる小嶋さんの、ファン思いの面がビシバシ伝わってきてもう涙ものだった。そして今もじんわり来てる。        

 

 

 

 

 

世間的には、「バカなお姉ちゃん」と言われたりすることもある。天然、毒舌、ナルシストなどなど……    

 

 

 

でも、どんな小嶋さんも大好きだって思えるんです。それはなぜか?その足元を見渡してみれば、硬いしっかりとした地面が「優しさ」でできているように思えるから。    

 

 

 

 

 

小嶋陽菜が大好きだ~~~~~

好きでいてよかった!!!!!!!!!!!!!!!    

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは、写真集にサインをもらったり、集合写真とツーショット撮影してもらったり、かな。サインに私たちの名前も入れてくれるらしく、「お名前はー?」と小嶋さん。「みさきです!(にやにや)」      

 

 

 

 

 

 

 

ここで小嶋さんの記憶力に驚愕。頭良すぎやで。    

 

 

 

 

 

そうして一人驚いている中、小嶋さんはさらにこう言いました。              

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっと、ごめんね、お名前なんだっけ…?」          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小嶋さんは素晴らしい。記憶力はいいのか、悪いのか。

 

 

 

 

 

それを含め、小嶋さんのことは誰にも分からない。

 

 

 

 

 

このイベントを通して、小嶋さんの良さをさらに感じることができた。 小嶋陽菜を好きでいてよかった~~~~ 小嶋陽菜が大好きだ~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、雑ですが『小嶋陽菜と50人の「どうする?」女子』のイベントレポートでした。

 

 

音楽の要素はゼロですが、ほら、小嶋さんアイドルだし………

歌もうまいから聞いてみてください。