KANA-BOON とぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~夢のアリーナ編~ 日本武道館公演に行ってきた

SPNSORED LINK

SPNSORED LINK

KANA-BOON武道館

昨日行ってきましたKANA-BOONの武道館公演。ステージ脇のほぼ見切れ席まで開放されてて、このキャパを完売させるバンドなんだなあとしみじみ。ライブ見てて思ったことなんかを書いていきたいと思います。

KANA-BOON 武道館

KANA-BOON 武道館

ひたすら流れる場内BGMがドリカム

「とぅるとぅるかむとぅるー」というツアー名からか、会場にはひたすらドリカムがBGMとして流れててシュールだった。まさか武道館で「未来予想図Ⅱ」を聞くことになるとは。垂れ幕に映しだされたTIMEの時計と共にカウントダウンが始まり、開演。15分押しの18:45頃。

「ないものねだり」と「なんでもねだり」

KANA-BOONのヒット曲「ないものねだり」が割と序盤で演奏されたのにはちょっと驚き。KANA-BOONをワンマンで見るのは昨年の大阪の「ただいまつり」以来だったのだけれども、そのときはまだ「ないものねだり」のバンドっていうイメージのファンが多かったんじゃないかなあ。今は他の曲でも十分戦えるビッグなバンドになったってことかね。鮪さんのMCの曲紹介が「チャーハン!」でおなじみのイントロが流れ始めて個人的にはクスっときた。

僕自身は事前情報は無くて会場で初めて知ったのだけれども、どうやら今年の夏の資生堂アネッサの日焼け止めのタイアップ曲をKANA-BOONが担当するらしく、曲名が「なんでもねだり」だそう。アンコールで披露してくれたのだけれども、とにかく爽やかで、タイトル負けしてない良曲だと思った。シングルがリリースされたら聴いてみてね。余談だけど昨年は僕の大好きなクリープハイプというバンドの「憂、燦々」という曲。資生堂アネッサにはこれからもこの流れを続けて欲しいなあ。

浪人生のような見た目

途中でボーカルの鮪さんが「僕ら浪人生かぶれみたいな見た目してますけど…」って言っててフツーに吹いた。Twitterの影響なんだと思う。

夢を叶える企画

メンバーそれぞれの夢を叶えるという企画をライブ中に実施。鮪さんは鮪解体ショー、飯田さんはセグウェイ乗車、こいちゃんは脱出ショー、そして一番面白かったのが古賀さんの空中ギター。恒例(?)の黒シャツを脱ぎ、白シャツに着替え、「盛者必衰の理、お断り」をワイヤーで釣られながら演奏、演奏パートが無いところで降りてくる姿がメチャメチャシュールで面白かった。この日一番の笑いはここだったなあ確実に。

ダルマへの目入れ

ライブラストはとぅるまさん(メンバー作のダルマ)に目を入れて終了。ノリでチケットを探して行ったライブだったけれども、とっても楽しめた。これからも同年代(というか同い年)のバンドだから応援していきたいなと思う。