「YOUTH WAVE」って何だ

ご無沙汰です。

HAPPYを聴き始めて以来HAPPYの企画やら対バンなどがきっかけで随分と音楽嗜好が変わりました。

ということで

いい機会なので去年あたりから邦ロック界の新世代とうたわれている「YOUTH WAVE」というジャンル?について触れようと思います。

「YOUTH WAVE」というのは音楽雑誌BELONGでも特集されたのでご存知の方もいるかもしれませんが

今やYouTube、soundcloud、Twitterとかで音楽を自由に楽しめる時代になりましたが

そんなネット社会の渦中の若い世代では

色んなジャンルの境界線を越え、言葉や時代などがボーダーレスな音楽をするバンドが頭角を現してきました。

それをざっとひとくくりにしたのが「YOUTH WAVE」といったところです。

といってもジャンルとして確立されているのではなく一部から仮の呼称としてそう呼ばれている感じです。

「YOUTH WAVE」は“世界レベルで進行する新世代ジャンル”ともうたわれていて、“四つ打ちバンド”が牛耳っていた邦ロック界の新しい流れとしても期待されています。

まだ未確定なジャンルだったり賛否両論あるのであまり深くは介入しないでおきます。

すみません 責任回避します。

この記事の本題はそんなこんなで最近私が聴いているその「YOUTH WAVE」的ジャンルのバンドがもっと多くの人に聴かれるといいなと思ったのでひとまず名前だけ紹介します!

・HAPPY
・The fin.
・Yogee New Waves
・LUCKY TAPES
・The foglands
・TEEN RUNNINGS
・The OXs
・YOUR ROMANCE
・THE PAELLAS

などですかね。

まだまだありますけどね。

まあ、実を言うと「YOUTH WAVE」の定義があんまりしっかり分からないので、ほぼほぼ好みと独断です。

ヴィジュアルも詳細もなくてすみません。

長くなるので また追って 各バンドとかのMVとかリンク貼ったりできたらと思います。

とりあえずこのブログでの私の立ち位置というか、スタンスを掴めてない感じなので

自分世代が筆頭となっている「YOUTH WAVE」とか良いなと思った音楽を紹介しまくっていく形をとれたら、と思います。

西洋かぶれなんて言わせませんよ。

とりあえず

定期更新頑張ります。

では近々。