遅読家のための読書術 | レバレッジメモ

遅読家のための読書術 / 印南敦史
遅読家のための読書術 / 印南敦史

遅読家のための読書術 / 印南敦史

 

レバレッジメモとは?
レバレッジシリーズの著者、本田直之氏が勧めるレバレッジリーディングの要となるメモ法。本を読んだままで終わらせるのではなく、重要な部分に線を引き、線を引いた部分をメモに書きため何度も読み返す。当サイトでは、このレバレッジメモをブログ形式で公開しています。
にっけのレバレッジメモまとめ
▷ レバレッジリーディング (書籍のAmazon リンクです)
▷ 読んでも忘れてしまっては意味がない!SEが実践している効率10倍アップの読書術(レバレッジメモのさらに詳しい説明です)

遅読家のための読書術 / 印南敦史

なぜ「1ページ5分」かかっていた遅読家が
「年間700冊超」読破する人気書評家になれたのか?

元・遅読の書評家が教える
本を読むのがラクになる方法

第1章 なぜ読むのが遅いのか? ─ フロー・リーディングの考え方
・遅読家に共通するたった1つの「思い込み」
・「100%を写しとる」から「1%にめぐり合う」へ
・「音楽を聴く」ように「本が読める」ようになる

第2章 なぜ読む時間がないのか? ─ 月20冊の読書習慣をつくる方法
・充実した多読生活は「9対1の法則」がカギ
・「1日に1冊」読み切ると、はるかに深く理解できる
・「夜の読書」は習慣化しづらい

第3章 なぜ読んでも忘れるのか? ─ 読書体験をストックする極意
・なぜ「書きながら」だと、速く・深く読めるのか?
・本の魅力だけを抽出する「1ライン・サンプリング」
・重要箇所がよみがえる「1ライン・レビュー」

第4章 流し読みにもルールがある ─ 要点を逃さない「サーチ読書法」
・スラスラ読める人は本の「どこ」を見ているか?
・得たい情報だけが流れ込む! 「キーワード・サーチ読書法」
・「線引き読書」はおすすめしない

第5章 本とどう出会い、どう別れるか? ─ 700冊の選書・管理術
・「1週間選書術」で「1日1冊」があたり前に
・「読みたい本だけ」だと読書はマンネリ化する
・ガンコな積ん読を解消! 書棚の「フロー管理術」

終章 多読家になって見えてきたこと
・本なんか読まなくてもいい! だから「読書生活」は楽しい
・「教養のために読書」? そんなのつまらない!

レバレッジメモ

読書を「生活のリズム」に組み込む

「本を読みたいのになかなか読めない」という人は、「読書を生活のリズム」に組み込むことに失敗しています。食事や睡眠のように生活の一部になっていないわけです。
読書に限らず、なにかを習慣化するうえでの極意は、毎日・同じ時間帯に行うことです。

ウェブメディアと紙媒体メディアの違い

ウェブ上のニュースメディアに掲載されるブックレビューに読者が求めるものは、評者の主観ではなく「情報・ニュース」です。つまり、「その記事(書評)を読んで、どれだけ得をしたか」ということがもっとも重要な価値基準なのです。

読書の効率を上げるために

僕が書評用の本を読むときは必ず「どこがレビューに使えるだろうか」ということを意識しています。
「視点」を定めることによって「重要なところ/そうでないところ」を区別する基準ができます。

「記憶」せず「記録」する読書法

重要なのは、本から得られる価値を「自分の頭の中にため込む」のではなく、「自分の外にため込む」ことです。
このための技術として本書では「1ライン・サンプリング」が紹介されています。詳しくは書籍内で確かめてみてください。

必ず「今週読む本」を計画する日をつくる

「1日1冊」を実現しようとする場合、なによりも重要なのは「明日読むべき本」が決められていること。
なぜなら、明日読むべき1冊を実際に明日読むためには今日読むべき1冊を今日中に読み終えねばならないからです。

「他人のおすすめ本」を選り好みせずに読もう

ブックレビューで取り上げる本を選ぶとき、僕は掲載メディアごとの特性をかなり意識するようにしています。サイトによって読者の好みが違う以上、そのお客さんたちに喜んでもらえるような本を選ぶのです。

多読家になると見えてくるもの

本を1冊読み終えるごとに「身につくこと」は確実にあります。いままで知らなかった情報や知識であったり、自分にはなかった感性や価値観だったり……。手帳に1ライン・レビューが次々とたまっていけば、たくさんの本を読んできたという達成感と、記録が蓄積されていく満足感も味わえるでしょう。
読書量が増えていけばいくほど、より多くのものを得たいと感じるようになるのは当然のことだと思います。しかしその結果として、知識や教養を得ること自体が目的になってしまうことがあります。
知識が増えたからといって、その人が偉くなるわけではありません。ブランド物をまとった人が「自分はおしゃれな人間だ」と勘違いするのと同じように、知識を集めることに酔った人は「自分は優れた人間だ」と思ってしまいがちなのです。

この本が気になるあなたにオススメの3冊