ふるきよき時代の文房具【愛用の文房具】



初めまして、今回からまことに僭越ながら筆を執らせていただくことになった産業廃ひあつです。主にTwitterとはてブ界隈でワイワイやっております。

僕自身結構文房具が昔から好きだったので、今回紹介させていただくアイテムは僕が長く愛用しているものを選びました。

比較的皆さんなじみのあるものが多いかと思います。

 

まず初めにボールペンから。

ドイツの文房具メーカーLAMYのSafariです。

もともと子供が正しい持ち方をできるように開発されたのですがシンプルなデザインで幅広い層に人気があります。

僕はスケルトンなものに目がない(イヤフォンもSHURE215)ので高校の時に一目惚れして以来ずっと使っています。

 

続いてはシャープペンシル。

古いDr.Gripです。しかもスケルトン!

小学生のころは現行の細くてフニャフニャしたやつはまだなくて、中学に上がったくらいで一度今のモデルに変えたのですがグリップの硬さと安定感が物足りなく、再びこちらを取り寄せて使っています。

 

基本的には上記の二本でストレス社会と戦っているかんじです。

最後にメモ帳を紹介して終わりたいと思います。

モレスキン×Evernoteのコラボアイテムです。どちらも僕的日常の必須ガジェットだったのでこれの存在を知った瞬間密林で即ポチりました。

モレスキン自体の使いやすさに加え、手書きのメモをEvernoteにも保存できる(しかも文字まで取り込んでくれる!)ので検索性等様々な面で良くなっています。

ハードカバーなのもポイントが高い!

 

記念すべき初寄稿はこんな感じです。自分のスペース以外で何か書くのは初めてだったので緊張のせいかペンを握る手が汗ばんでしまいました。

これから精進していきます。

ブログとかTwitterもやってますので文房具の感想を聞きたい人は是非どうぞ↓