『シング・ストリート 未来へのうた』を観てきた。 かよ

『シング・ストリート 未来へのうた』を観てきた。 かよ

 

夜更かしさん、こんばんは。
昨日の仕事終わりに、なんだか心に深い傷を負いまして
今日は夕方の4時まで寝てたんですけど

予定していたジムにも行かず

行きたかった美容院にも行かず

そろそろ行こうと思ってたマッサージにも行かず

何やってるんだろ…ばかばか!ってなったので

 

観たいと思ってた

『シング・ストリート 未来へのうた』をレイトショーで観に行ってきました。

 
予告はこちら

 

80年代の不況のダブリンと音楽を舞台にした青春ムービー!

 

 

(以下、多少のネタバレと個人的な感想です。)

 
すごく良かった…。
今、この予告を見ても胸が熱くなるくらい。
生活、音楽、恋愛、家族…
全部の事が胸をガシガシ掴んできて、苦しい、眩しい、楽しい、っていうなんとも言えない気持ちになりました。

 

展開はありきたりです。
でも、音楽の曲も声もいい。ずっと聴いていたい。

 

そんな簡単に曲完成しないでしょ!っていうところもあるんだけど
その完璧じゃないところも、この映画そのものが青春ムービーという感じで好きでした。

 

話はサクサク進んでいくので
いつも長いと後何分あるのかな?とか気が散ってしまうんですが
そんな時間もなく、コンパクトに無駄のない映画に感じました。
しいて言うなら、最後の突然のCGのところ…あれ必要かな?
多分、人生を表現してるんだと思うが。

 

最初は”MVを作る”っていうのが目的のこの映画。
この映画自体がMVを観ているようで、DVDが出たら買って家で英語のまま流しっぱなしとかにしたいな。

 

観る前は、この人が主役、ヒロインなの?って微妙に感じて、
観てるうちにどんどん素敵に見えてくるのって映画のマジックですよね。
あと、サブのキャラも良かったんだけど、曲を作るメガネのお友達とクズな兄貴
この二人が最高です。

 

とにかく、もう一回観たいかもしれない。
すごく好きな映画でした。

 
あと、サントラ欲しいな。
YouTube見たら、たくさん映画の曲が聴けるのでネタバレ平気な方は聴いてください。

 

 

ノリがいい。

 

メガネのお友達とのやりとりが素敵。

 

バラードも良かった…

 

 

気持ちが高ぶって寝れない…!

おやすみなさい。

 

ブロガー募集
にっけちゃんねるでは現在「ポケモンGOプレイ日記」「今週のテーマ」「日記」を書いて下さるブロガーを募集しています。Twitterのアカウントさえあれば誰でもブログが書けちゃいます。下のボタンからどうぞお気軽にご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

かよ

スタバを愛する社会人。 漫画(少女漫画)、漫画(BL)、 漫画(ファンタジー)。 時々、雑学、小説。 音楽開拓中…!