僕の人生に影響を与えたマンガ・映画・音楽【大学生にオススメ】

今週のテーマが『影響を受けた本・映画・音楽』ということで、僕が影響を受けたものを紹介していきたいと思います。

僕は、中学・高校時代は部活と勉強ばかりやっていて、あまり文化的なものには触れて来ませんでした。読んでもジャンプ漫画(ワンピースとかブリーチとか)くらい。そんな僕が大学に入学し、「こんなに時間が有り余っていいのか!」と、今までの反動でここぞとばかりに色々なものに触れました。今の僕を形成してるのは、大学時代に触れた文化によるものが多いと思います。(本当はもっと早くから色々なものに触れていたかった。)

人にオススメを聞いては片っ端からそれに触れてみる。ハマるものがあるとそのアーティストの作品に片っ端から触れてみる。そんなことしてたらあっという間に大学生活の6年間が過ぎてしまいました。

今日は、各ジャンルから2~3本ずつ影響を受けた作品を上げていきたいと思います。僕のように、人のオススメから入るタイプの人に読んでもらえたら嬉しいです。もちろん、大学生だけでなく、中高生や社会人の方にも見てもらえたら嬉しい限りです。

 

それでは行ってみましょう!

 

マンガ編

まずは漫画編から。

おやすみプンプン

先にも述べたように、少年コミックの王道であるジャンプ漫画しか読んでいなかった僕が、始めて青年コミックで触れたのがコレ。今思うと最初にしてはドギツいのに触れたな〜って感じです。

先輩の家にあって、オシャレな装丁だな〜と思ってパラパラ読んでたらエグいことエグいこと……いやはや、僕の漫画人生はここから始まったと言っても良いかもしれません。これがきっかけで、今や我が家には、浅野いにお作品全てそろっています。

 

かくかくしかじか

このブログでも何度も何度も登場しているこの漫画。読んだのは社会人になってから。同期にオススメされて読んでみたら、メチャメチャ良くて、何回も何回も繰り返して読みました。今我が家にある漫画の中で、イチバン好きなのは間違いなくコレです。

この歳になっても心を動かされる作品に出会えるってことが嬉しかった。何回読み返してもぐっとくる。僕の人生のバイブルとなっています。

 

映画編

続いて映画編。ほとんど邦画しか見ません。

ピンポン

これは珍しく中学時代に観た映画。部活をやっていた(バドミントン)僕ですが、この映画を見て、「部活本気でやろう!」って心が変わったのを覚えています。そのくらいペコがかっこ良かった。アニメも漫画も良いですよね。アニメしか見たことない人は映画を、映画しか見たことない人はアニメも見てみてください。

ちなみにこのブログサイトの記念すべき第一回目の投稿はピンポンの記事です。

ピンポン 【僕が最も影響を受けた映画】

 

モテキ

大学生のときに映画館で見ました。映画館で会場全体が笑いに包まれたのを今でも覚えています。そんな経験、この映画が最初で最後だなあ。
ドラマも見たことなく、漫画も読んでない状態で見たのですが、とにかく面白かった。

現在までになぜか10回以上見返しています。今冷静になって考えてみたんですけど、なんでこんなに見返してるんだろうって感じですが……こんだけ見返してるのだから少なからず僕の人生に影響を与えているでしょう。

余談ですが、僕はドラマ版のいつかちゃん(満島ひかり)がイチバン好きです。

 

図鑑に載ってない虫

友達に薦められて見た映画。とにかくくだらないんですよね〜、今でもときどき見返したくなる。

今の「ゆるく生きる」というスタンスはこの映画の影響があると思います。

音楽編

さてさて最後は音楽編。

クリープハイプ

大学に入ってから聴き始めましたが、僕がバンドを好きになる基準の1つとして、曲だけじゃなくそのバンドのメンバーの内面性まで気になるかどうかってことがあるんですけど、このボーカルの尾崎世界観って人には魅力が詰まってると思います。

(昨日のHEY HEY HEY、面白かったですね。)

 

BUMP OF CHICKEN

中学時代からずっと好きなバンドです。中学・高校時代はとにかくずーっと聴いてましたね。始めて行ったライブもBUMP。最近行った20周年記念ライブでもポロポロ涙を流しました、

変わってしまったとか言われてるけど、今も昔も好きですね。僕の人生の数%はBUMPが占めてます。

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか。自分の好きなアーティストや作品について書き出すと止まらないですね、、、だんだんとテンションが上がって、どんどんとブレていくといういつものパターンとなってしまいました、が、書いていて楽しかったので良しとします。

みなさんの影響を受けた作品もぜひ教えて頂きたいです。今週のテーマ『影響を受けた本・映画・音楽』に記事を書いてくれる方を募集しています。Twitterアカウントさえあればどなたでも参加できるので、ぜひ。