生活と音楽~今週のテーマ~

さて、今週のテーマ、生活と音楽。

普段はPCでiTunesを起動するかiPodかyoutubeで音楽を聴くことが多いです。
イヤフォンはiPodを買ったときに付いてきたものを使っています。

私は、気分によって聞く音楽がかなり変わってきます。
普段から可もなく不可もない気分の時が多いので、明るすぎず暗すぎず、という曲を聴いていることが多いです。

最近よく聞いているのはバンプのHello,world!とButterfly。

普段

普段の可もなく不可もないときは(私の普段は可もなく不可もないです)、ゆっくりめな曲より
アップテンポなロックっぽい曲が気分にあいます。
と言ってもエルレガーデンは明るすぎてダメです(笑)
ハイエイタスなんかも聞きます。しかも英詩なので歌詞が思考を邪魔しなくてよい。
perfume、あとぴーぷるなんかも聞きます。ぴーぷるも歌詞が抽象的というか、あまり思考を邪魔しないので良いです。

あとは洋楽。基本的に英詩は思考を邪魔されないのが良い。なんでって英語がわからないからです(笑)
ColdplayやAvrilなんかを聞きます。

気分が明るいとき

エルレや、アナ雪の曲(Let It Go)なんかを聞きます。歌詞をしっかり覚えてて歌えるものとかを聞くことが多いかも。
家にいたら確実に歌ってます。
普段とまあそんなに変わらないかもしれないですけど、、、一番大きいのはバンプを聞くことかな。
バンプって大好きなバンドなんですけど、実は普段からよく聞いてるわけじゃないんです。
歌詞の意味を深く考えてしまったり、深く突き刺さってくることが多いので、どちらかというと気分が明るいときに聞くことが多いかも。
ガラスのブルースの「一秒も無駄にしちゃいけない」なんて普段からよく聞くなんて無理です!(笑)

気分が暗いとき

そもそも音楽聞けるのかどうかって話ですけれども。(笑)
聞くんならアートスクールですね。元気をもらえそうな曲より、とことん落ちます。
どんどん暗い曲聞いて、いくとこまで行きます。そのほうが性に合ってます。
あとはアジカンのファンクラブなんかも結構暗いんで聞きます。
あとはバンプのゆったりした曲。66号線とか、(please) forgiveとか。泣くだけ泣く。カタルシスに近い。
あとは、そうですね、RADの攻撃的な曲を聴きます。攻撃的というか刺激的な曲。
特に「実況中継」とか「DARMA GRAND PRIX」とかかな。これは落ちてるというかちょっとイライラしたりしてるときに聞くことが多いかも。
アートスクールはひたすら暗いけど、実はアジカンも結構暗い曲が多いと思っていて。
あとアジカンは、怒りの感情を感じる曲も多いと思っているので、アートスクールとアジカンは落ちてるときにはよく聞いたりするかも。

ただ、やっぱり、落ちてるときに助けてくれるのはバンプなんですね。
歌詞とか、藤原氏の発言(雑誌とかで読んだもの)が思い出されてきて、それに助けてもらう感じ。
聞かないんだけど、歌詞とか、もう、なんべんて聞いてるのでほとんど覚えてるから、
辛いときはバンプの歌詞はほんとにおのずと思い出されます。それに助けてもらいます。

こんな感じかなあ。
たまにバンプファンの人と話してると、バンプ以外の音楽聞かない!みたいなひと結構いるんですけど。
きつくないかなあって(笑)
数年前まではほんとに色んなバンド聞いてたんですけど、今は好きなものを深く狭く聞いているので、
自分が聞いてるバンドってほんとに数が限られてるなっていうのは自覚はしています。
でも、やっぱり気分で聞き分けるくらいの数のバンドは聞いててよかったなというか。
最近はそうでもなくなりましたけど、割と気分の上がり下がりが激しいほうなので、一つのバンドしか聞かないとかは、自分は無理かなぁ。