邦楽マニアの僕が選ぶ、2014年ベスト・アルバム

はじめに

こんにちはにっけです。2014年も良いアルバムが沢山リリースされましたね。今年は大豊作の年だったんじゃないかなと思います。ということで今回は僕が選ぶ今年のベスト・アルバム10を書いてみました。

あなたの知っているアーティストは入っているでしょうか?

あなたの好きなアルバムは入っているでしょうか?

それでは行ってみましょう!

10位:ささやき / ミツメ

音数も多くなく、BPMも早くない。シンプルながらもサイケっぽい雰囲気が存分に出ていて、ゆっくりと時間が過ぎる夜にピッタリだと思います。お酒でも飲みながら聞きたいアルバム。

特に2曲目の停滞夜はオススメ。イントロでもう心を持って行かれます…

僕とこのアーティストの出会いは友達の紹介から。「停滞夜」をオススメされて聞いてみたところ、新しいアーティストを聞いた時のあの独特の違和感を全く感じず、初めて聞いたのにどこかで聞いたことあるような、スーッと耳と頭に馴染むような感覚がしたことを今でも覚えています。

余談ですが、僕はこのジャケットの写真がとにかく好きで、団地を見る度に「あ、ミツメのアルバムだ」って思っています。


停滞夜 / ミツメ

9位:かくれんぼー(not)NUCLEAR LOVE(or affection)/ 印象派

女性二人組ユニット「印象派」の2nd Mini Album。とにかくポップでキャッチーなメロディーの曲は耳に残ります。ミニアルバムなので何度もリピートして聞ける一枚。今年ドハマりして一時期ずっと聴いていました。

このアーティストはとにかくオシャレ。
「最近ハマってるオススメのアルバムある?」
「ああ、印象派の新譜とか良いと思うよ」
って答えればモテロードまっしぐら間違いナシだと思います。

印象派、水曜日のカンパネラ、charisma.com あたりは今年自分で発掘したアーティストの中で大当たりだったように思います。

BEAM / 印象派

印象派についてはこちらの記事でも紹介しています。

【中毒性あり】 今後ブレイクしそうな女性アーティスト5選

8位:YOU / ART-SCHOOL

みんな大好き(だと勝手に思っている)木下理樹のバンド。メンバーが抜けて2人になっちゃったり、MCの声小さすぎて何言ってるか全然分からなかったり、歌も決して上手なわけでも無い、さらには情報をチェックしようとホームページに飛んでみたら新しいアルバムが更新されてなかったりと、もうやる気あるんだか無いんだか分からないバンドですが、なんだかんだでちゃっかりレコーディングしてしっかりアルバムを出してきましたね。

iPadを購入するやいなやインスタグラムを始め、ドハマりして自撮りやら映画やらをアップしまくっちゃう木下理樹が好きだ。あーもう木下理樹可愛い!

話が逸れました。

「キャッチーになった」とか「昔のARTの方が良かった」とか言われるのはよくある事で、このアルバムも案の定そういったレビューが多く見られたように思います。確かに「go / on」とか所謂売れ線サウンドなんですが、一枚を通して聞くとやっぱりARTっぽさが存分に出ててたいへん良いアルバムだと思います。

1曲目の「革命家は夢を観る」はアジカンのゴッチをプロデューサー、環ロイをラッパーとして組み込んだ訳分からん詰め込み曲で、正直ナメてましたが、メッチャ良いので是非ともARTを知らない人にも聞いてもらいたいです…。

CDJで見るのが楽しみです。きっとまたMC何言ってるか分からないんだろうなァ。

革命家は夢を観る / ART-SCHOOL

余談ですが、木下理樹のインスタグラムで「Killing Boyまたやりたいなあ」みたいな呟きを見たからそちらの再開にも本当に期待しています。ひなっち、3バンド掛け持ち頑張って…

7位:魅力がすごいよ / ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。正直聴かず嫌いで(ライブでは数回見たことありましたが)、「何でこんなに売れてるんだろう」とか、「プッシュされてるものをみんな聞いてるだけでしょ」とか思っていたバンドでした。

とりあえず流行ってるし聞いておくかと思って友人に借りて一聴してみたところ、ドハマり…計算しつくされたキャッチーさ…なんだこのアルバムは…一曲目の「ラスカ」から11曲目の「bye-bye 999」まであっさりと流れていく40分ですが、何度も聴きこむうちに味が出てくるスルメのようなアルバム。まさに「魅力がすごいよ」

尖った曲が無いようにも感じますが、それくらい余裕が出てきたってことなのかな…?

アルバムの中に一曲だけ、一曲だけ「これはちょっと…」って思う曲があったのでそれ貼っときますね。いやーそれにしても。バンドとしての成長をメキメキと感じる、とても良いアルバムです。

アソビ / ゲスの極み乙女。

6位:洗脳 / 大森靖子

正直、今まで大森靖子さんのことはあまり知らず、メジャーデビューしてから存在を知りました。そんな僕がこんなことを書くのもおこがましいような気がしますが「洗脳」、メチャクチャ良いアルバムでした。「洗脳」から入って、今は昔のアルバムを借りて聴きまくっています。

とにかく振り幅が大きく、シンガーソングライターとしての才能、何でも出来るんだぞって所を見せつけて来たかのように思います。彼女の持ち味(?)である弾き語りの曲はほとんど無く、今までのアルバムとは全く違った雰囲気。弾き語りだと今の時代聴いてもらえない。何か作業をしながらでも、聴いてもらえるようにバンド・サウンドを取り入れた、と言っていたのを見た記憶があります。

アルバムとは直接関係はありませんが、彼女のブログを読んで「頭の良い人なんだろうな」ってのを強く感じました。雑誌のインタビューなんかを読んでもしっかりとした意見を持ってて…パフォーマンスはぶっ飛んでるけど、ちゃんと考えてる人なんだなあと思いました。

私は面白い絶対面白いたぶん / 大森靖子

MV出演のコショさん可愛いね…

5位:光の中に立っていてね / 銀杏BOYZ

今年1月に発売された銀杏BOYZ9年ぶりのニューアルバム。このまま終わって欲しかったという声と、ニューアルバムの発売を純粋に喜ぶ声が入り混じってたように思います。

制作を経てギターのチン中村、ベースの我孫子、ドラムの村井が脱退してしまったため。バンドサウンドでこのアルバムを聞けることは無いのが悲しいです…いつの日かきっとまた…!音源に関してはとにかくノイズが激しい。そしてそれに打ち消されないように歌う峯田の力強い歌声。必聴です。

メンバー脱退後も峯田ソロで銀杏BOYZ名義で活動を行っていて、先日の音楽と人とのイベントである東京アコースティック三叉路では打ち込み音源で「ぽあだむ」を披露していました。MVの長澤まさみが可愛いんだよなあ…サラッと歌詞に入ってくる下ネタも最高。


ぽあだむ / 銀杏BOYZ

東京アコースティック三叉路のライブレポはこちら

[http://nikke-1925.hatenadiary.com/entry/2014/11/04/074340]

4位:RAY / BUMP OF CHICKEN

我らがBUMP OF CHICKENのニューアルバム、とにかくジャケットがダサいです。3年に1枚という超スローペースのアルバムリリースなのだけれども、それも彼ららしい。

今年はとにかく活動的だったBUMP。初音ミクとのコラボ、ベストアルバム、ライブDVDの発売、東京ドームでのライブ、劇場版の公開、、、進化し続けるBUMP OF CHICKENはこの一枚と共にあったと思います。

全曲名曲ですが、特に表題曲のrayは秀逸。初音ミクとのコラボも、思ったより良くてビックリでした。

どうでも良いんだけど、white noteの歌詞をずっと「ヒロ(ギター)だけが確かなもの」だと思ってました。

何度見ても、何度見ても、ジャケットがダサい。


ray / BUMP OF CHICKEN

ここでちょっとブレイク 番外編

ベスト3に入る前にちょっとここでブレイクしましょう。

惜しくもランクインはしなかったけれども良かったなあと思うアルバムをご紹介したいと思います。

■ OVERTONE / KEYTALK

4つ打ちウェイウェイバンドの代表格。「お祭りセンセーション」が最高。YGB(ヤギビート)はドラムやぎにゃん初の作曲。

パラレル / KEYTALK

■ 幕の内ISM / パスピエ

幕の内弁当のように様々な曲が詰め込まれた一枚。成田ハネダの作曲センスが今までのアルバム以上に炸裂しているように思います。統一感が無く曲と曲の繋がりとかは無茶苦茶な気がしますが、一曲一曲はどれもキャッチー。わざとらしさ、あざとさを多少残しつつも売れようとする野心みたいなものも伝わってきます。

そういえば、タイトルの回文縛りは飽きちゃったのかな?

パスピエのライブレポートをまっち氏が書いてくれています。ライブ、羨ましいです。日曜日のワンマン行く方は楽しんできて下さいね。

パスピエ【ライブレポート】

MATATABISTEP / パスピエ

■ 日出処 / 椎名林檎

林檎嬢久しぶりのアルバム。YUKIちゃんと林檎嬢は劣化を全く感じさせない、むしろどんどん進化していってるんじゃないかと思います。

ありきたりな女 / 椎名林檎

■ FLY / YUKI

ダンサブルなナンバーが詰まったYUKIの一枚。環ROY、鎮座DOPENESSからなる2人組KAKATOをラッパーとして迎えた試験的な一曲「波乗り500マイル」なんかも収録されています。環ロイさんはART-SCHOOLの時も登場していましたね。

誰でもロンリー / YUKI

■ ナマで踊ろう / 坂本慎太郎

聞いてて不安になるようなサイケなサウンドはゆらゆら帝国から健在。何度も聞いてしまうドラッグ的な一枚。「やめられないなぜか」なんて歌詞がもうアレですもんね。

スーパーカルト誕生 / 坂本慎太郎

■ Behind The Scene / ストレイテナー

番外編ラストはストレイテナーのフルアルバム。
アルバム中盤の「彩雲」「放物線」の美メロは必聴。エモいっていうのはこういうことを言うんだろうなあ…「Yeti」から「Wonderfornia」の繋がりはライブでどのように展開されるのかが楽しみなところです。

[http://nikke-1925.hatenadiary.com/entry/2014/10/29/091212]

冬の太陽 / ストレイテナー

それではランキングに戻りましょう。とうとうベスト3の発表です!!!!

3位:一つになれないなら、せめて二つだけでいよう / クリープハイプ

捨て曲一切なし。最高のアルバムです。今までのアルバムで表現されてきた「怒り」や「憎しみ」の感情は、今作ではそこまで顕著には吐露されておらず、リスナーに歩み寄るような、優しい雰囲気のアルバムに仕上がっている印象です。特にスナックのママがお客さんに語りかけているイメージで作詞したという「大丈夫」はメロディー、歌詞共に僕達を包み込んでくれるような一曲。「大丈夫、一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」の部分は今作のアルバム・タイトルになっています。

例の11曲目については言及はしないけれども、これがあったらもしかしたらアルバム全体のイメージが変わっていたかもしれません。何を言っても仕方ないので、ライブに期待することにします。

決して万人ウケするようなバンドではない(特にボーカルの声)とは思いますが、まだ聞いたことがないという方には一度聞いてもらいたいと思います。

安藤サクラが登場するPVも必見。

本当 / クリープハイプ

僕とMadokaさんがこのアルバムについてレビューは書いています。

やっぱり良い!クリープハイプの新アルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」を聞いた!!

一つに~いよう。

2位:フェイクワールドワンダーランド / きのこ帝国

前作eurekaから約一年半、きのこ帝国の2ndフルアルバム。過去のインタビューではポストロックやシューゲイザーに影響を受けたと述べており、以前の楽曲は確かにシューゲイズ感のある楽曲が多かったように感じました。しかし今作は違います。よりキャッチーでポップで、洗練されたメロディーとボーカル佐藤の透き通るような歌声が響き渡る楽曲でアルバムが構成されています。

きのこ帝国を知らない、という方にもここから入ってください。きっときのこ帝国の世界観にドップリつかりましょう。


クロノスタシス / きのこ帝国

1位:Hurt / Syrup16g

堂々の一位はこの一枚。間違いなく今年一番聴き込んだアルバムです。

解散から5年以上経ち、再結成を果たしたSyrup16g。ボーカル五十嵐の色々なインタビュー記事を読みあさりましたが、復活の一番の理由は本人の精神状態の回復なんでしょうね。ここ引きこもりのような生活をしていた、と言っていましたし、「生きているよりマシさ」の歌詞中には「基本地面ばかり見て歩くからたまに人と視線合うとキョドっちまうよね」「一人きりでいるのが長すぎて急に話しかけられると声でないよね」などというどう見てもコミュ障っぽい部分が出てきて、、、圧倒的親近感…!

さらには「哀しき Shoegaze」の歌詞の「湧き上がる興奮と歓声の渦を 横目にすり抜けたら爆破しよう」という部分。これは、今年のサッカーWC、日本は敗戦したのにも関わらずどんちゃん騒ぎする渋谷スクランブル交差点のサポーターを見て「爆発しろ」って思ったことを歌詞にしたらしいです。いやーそれを歌詞にしちゃうっての凄いですね。

「イカれた HOLIDAYS」「哀しき Shoegaze」なんかはタイトルダサいですし、もうメンタルも私生活も大丈夫かよ…っていうことばっかりなんですけど、それを含めてSyrup16g…最高です…

Twitterをやっている人にも是非とも聞いてもらいたいアルバムです。

生きているよりマシさ / Syrup16g

さいごに

いかがだったでしょうか?あなたの好きなアルバムは入っていましたか?

書いていてコレも今年なの!?ってなることが結構ありました…時が経つのは早いですね…来年もこうやって今年のアルバムをまとめられたら良いな、と思います。それにしても今年は豊作でしたね。

まとめるとこんな感じです。

10位:ささやき / ミツメ
9位:かくれんぼー(not)NUCLEAR LOVE(or affection)/ 印象派
8位:YOU / ART-SCHOOL
7位:魅力がすごいよ / ゲスの極み乙女。
6位:洗脳 / 大森靖子
5位:光の中に立っていてね / 銀杏BOYZ
4位:RAY / BUMP OF CHICKEN
3位:一つになれないなら、せめて二つだけでいよう / クリープハイプ
2位:フェイクワールドワンダーランド / きのこ帝国
1位:Hurt / Syrup16g

こうやって並べてみると良いアルバムだらけですね本当。

また来年も良い音楽ライフを送りましょう!良いお年を!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にっけ

1990年生まれ、東京在住。国立理系大学院を修了後、大手メーカーに就職。SEとして働き、現在2年目。インターネットと音楽と漫画が好き。主にTwitterに生息しています(@nikke_1925)