超人間要塞ヒロシ戦記 1巻 – あらすじと感想「意味分からなくてもとりあえず読み進めて欲しい」【ネタバレ注意】

スクリーンショット 2016-08-14 22.06.34

友人に薦められて、『超人間要塞ヒロシ戦記』という漫画を読んでので、簡単にですがブログに書き残しておこうと思います。

どんな漫画?

超人間要塞ヒロシ戦記』は原作:大間九郎氏、画:まつだ こうた氏による漫画。イブニングKCで出版。

公式の紹介文はこちら。

新進気鋭タッグが贈る期待大の新連載、ついに単行本化!!この宇宙には解明されていない謎が多くある。私たちは何も知らず日々を生きており、その無知が時として大きな危機を生む…。

例えば、ひとりの女子大生が同じ店でアルバイトをしているフリーターに恋をすることが、とある国家の存亡をもかけた大事件に発展することもあるのだ。

これは、熱き国民たちによって繰り広げられた、長年にわたる闘いのサーガである…!!

・・・ん?

・・・・・・ん?

全く意味が分からない!

簡単なあらすじ

ということでなるべくかみ砕いてあらすじを説明。

非常に説明が難しいのですが、餃子屋で働くフリーターのヒロシが、実は極小の人々が暮らす宇宙要塞艦だった。という設定の漫画。

スクリーンショット 2016-08-14 22.14.28

物語は二軸進行

時間軸こそ異なるものの、物語は以下の2つの世界が同時に進んでいきます。

・ヒロシの内部の世界
・ヒロシの外部の世界

ヒロシの内部の世界

ヒロシは宇宙艦要塞なので、内部からの統制で成り立っています。

スクリーンショット 2016-08-14 22.24.58

こちらが内部の統制室の模様。ヒロシは彼女によってコントロールされているわけですね。

ヒロシの外部の世界

そしてこちらがコントロールされているヒロシの外側の世界。

突然キスされるヒロシ。これには内部も大混乱。

突然キスされるヒロシ。これには内部も大混乱。

この物語のヒロインである「しずか」とのラブコメメインで進んでいきます。

ヒロシの行動パターンは全て内部からの統制で成り立っています。

スクリーンショット 2016-08-14 22.20.14

なので、このような少々ズレたやりとりも発生してしまいます。これも内部の司令が考えに考え抜いた最適解なんですけどね。

司令塔がこんな感じで指示を出すと、

スクリーンショット 2016-08-14 22.28.09

こんな感じでヒロシが行動します。

スクリーンショット 2016-08-14 22.28.16

消灯。

感想

1話を読み進めて行くとあまりの意味の分からなさに「!?」ってなると思うんですが、ぜひグッとこらえて読み進めてみて欲しいです。線が繋がりだすと「ああそうだったのか!」ってなるので。

最初読み始めたときははジャンルも不明の漫画でしたが、ギャグだって分かった瞬間面白くなります。それも相当スケールの大きいギャグ漫画。笑

最近読んだ漫画「トーキョーエイリアンブラザーズ」に設定は似ているなあと感じました。

とりあえず我慢して1話を読めば徐々に面白くなりだす漫画、『超人間要塞ヒロシ戦記』オススメです!

ちなみに、こちらで1話を読むことが出来ます。気になる方は是非読んでみてください!

超人間要塞 ヒロシ戦記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

にっけ

1990年生まれ、東京在住。国立理系大学院を修了後、大手メーカーに就職。SEとして働き、現在2年目。インターネットと音楽と漫画が好き。主にTwitterに生息しています(@nikke_1925)