ディアウォールで自作した本棚晒し

こんばんは、きりんです。本年もよろしくお願いします~。

本棚が増えました

前回晒した本棚、その後本が増えてスペースが足りなくなってしまいました。悲しみ。

そこで部屋のデッドスペースに、最近よく聞く(?)ディアウォールで本棚を作りました。

全体像

全体像(本なし   全体像(本あり

上まで棚をつけると手が届かないし、下すぎると埃にまみれそう、と棚の数を少なくしたので、あこがれの壁面本棚!って感じではありません。意外とかなりの本が並ぶので、まだ結構すかすか。一番上の棚の出番はまだ先になりそうです。

文庫本・単行本・漫画と収納する場所をざっくり想定して作ったので、棚の高さがそれぞれ微妙に違います。雑誌は以前の本棚に置き去り~

まずは左側から

漫画担当の左側

左側は漫画棚。種類としては前回とそんなに変わっていません。ただ、貸していてまるごといないのがいくつか。

ちなみに、年末年始は「ゴールデンカムイ」を黙々と読んでいました。弟が買ってるのでこれも本棚にはいません。「この漫画がすごい!2016」の男編第2位に選ばれただけあって面白いです。ゲラゲラ笑えます(グロいけど

次に右側

小説担当の右側

右側は主に小説のための棚。圧倒的に文庫本が多いです。その中で一応、古典文学・エッセイ・日本の小説・海外の小説に分けています。ざっくり図書館と同じ分類順。単行本は図書館で借りることが多いのでいつまでたっても増えません。

一番下のBの箱は、野鳥の会の長靴が入っていた箱です。ダンボールの色と質感が気に入ったので、ブックカバーとしおり入れとして活用中。

昨年、宮崎駿のカラー解説口絵を付けて出版された江戸川乱歩の「幽霊塔」はとても良かったです。

コミカライズされた「幽麗塔」もあるんですが、こっちも面白い。

さいごに

気軽な気持ちで作った本棚だったんですが、意外にもたくさん置けるし奥の壁が見えて圧迫感ないので、大満足しています。壁はあるけど本棚が足りない人、オススメです~!

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    きりん

    本に関わるお仕事。髪型がカリメロみたいと笑われるのが納得いかない。物事を決める基準は面倒くさいかどうか。休日は本読んでるか映画観てるかライブ行ってるか。文房具も好き。