【このマンガがエグい!】ネトストの流れまでもがリアル『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』を死に物狂いで読みました

FullSizeRender 6

『カフェでよくかかっているJーPOPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』でサブカル界をざわつかせた渋谷直角の新作『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』を読みました。相変わらずのエグさで途中で投げ出しそうになりましたがなんとか最後まで読み切りました…ということであらすじと感想を書きたいと思います。

どんなお話?

主人公であるコーロキは奥田民生を愛する雑誌編集者。オシャレサブカル雑誌「マレ」に異動となり、奥田民生のような自由で力の抜けた編集者を目指しています。彼がタイトルの奥田民生になりたいボーイですね。そんなコーロキは仕事でレディースアパレルブランド「プレス」への取材の際に少しタレ目、甘い声、ハト胸の天海と出会います。これが出会う男すべて狂わせるガール!この女性との出会いからコーロキのドタバタ編集生活が始まります。

奥田民生になりたいボーイ

奥田民生になりたいボーイ

出会う男すべてを狂わせるガール

出会う男すべてを狂わせるガール

コーロキは天海と付き合うことに

コーロキは天海と付き合うことに

しかし別れてしまいます

しかし別れてしまいます

この後の衝撃的な展開はぜひともマンガを自分で読んで確かめてみてください。

感想 とにかく現実的すぎてエグい

こんばんは、にっけです。何がこのマンガで辛かったかって、とにかくリアルな描写。

ネトストの流れがやけにリアルだったり

ネトストの流れがやけにリアルだったり

LINEもやけにリアルだったり

LINEもやけにリアルだったり

やけにリアルなコラムニストが登場したり

やけにリアルなコラムニストが登場したり

Togetterでの炎上までもがリアル

Togetterでの炎上までもがリアル

そう、このマンガ、何もかもがリアルなんです!

実際にありそうだからとにかく読んでて心が痛い。唯一の救いは、最後の最後に前作『カフェで〜』にも登場した案野が登場したこと。この展開は想像していませんでした。とことん救われない話なのかなと思っていたので、これは良かったなあ。

案野丈

案野丈

普段マンガとか音楽とかそういう趣味じゃない人は読んでもきっとノーダメージだと思いますし、全くもって面白さも分からないんじゃないかなと思います。ヘタに自意識が高くて、趣味とか突き詰めてて、なおかつちょっとこじらせてしまっている人がこの本を読むとダメージ大だと思います。その分きっとこのマンガを楽しめる。元気のある時にぜひとも、マンガでの自傷行為を体感してみてください。ということで、最後までお読み頂きありがとうございました。にっけでした。もしよかったら下のリンクからシェアしてね。

http://nikkech.com/book/comic/manga_1kanketsu/