【つなろくごー・あいたのアニオタ養成所】第一回 今期のアニメでめっちゃ楽しみな5作品選んでみた。

にっけちゃんねるの読者の皆さん、こんにちは!こんばんは!なかなか寒い日々が続きますね。寒い日は部屋に引きこもってアニメを見たくなる、つなろくごーです。

さて当サイトにっけちゃんねるでは今日から「曜日替わりで個性豊かなライター達が趣味についてアツく語る」週刊連載が始まります。木曜日の担当は私つなろくごーと当サイト看板ブロガーのあいたの二人で「つなろくごー・あいたのアニオタ養成所」を連載します。隔週で代わり代わりに担当する予定ですが、予定は未定。僕も連載記事を書くのは初めてのことなので、試行錯誤しながらやっていけたらいいなと思います。
タイトルの「アニオタ養成所」ですが、読んだらアニメを見たくなる、アニメについてもっと知りたくなる、そんな連載にできたらいいなという思いが込められています。僕と一緒に最強のアニオタを目指しましょう。「気がついたらアニメのBluray全巻予約していた…」みたいな報告待ってます(笑)
……という意気込みはありますが、僕もまだペーペーのアニメオタクで知識も全然足りていないと思うので、この連載を通して自分もアニメオタクとして養成されるつもりで頑張ります。よろしくお願いします。

*今期アニメ期待度ランキング

では早速ですが、今回は手始めに今期アニメ作品をランキング形式で紹介したいと思います。今期のアニメを二話まで観終わった時点で「これは今後が楽しみ!」という期待度でランキングしました。どれも皆さんにオススメ出来る作品となりました。では、5位から行きます!

デレレレレレレレレ(ドラムロール始まり)

 

 

 

 

 

デンッ(ドラムロール終わり)

5位『ユリ熊嵐』

main
TVアニメ「ユリ熊嵐」公式サイト
ユリ熊嵐 Episode1「私はスキをあきらめない」 – ニコニコ動画:GINZA

あるとき、宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発した。
こなごなになったクマリアが流星群になって地球に降り注ぐと、何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し、人類に襲いかかった!『ヒトVS クマ』クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃ち、果てのない戦いと憎しみの連鎖。やがて、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ、互いに不可侵な状態 となった…。

あらすじは公式サイトより引用。なんのこっちゃーっていうあらすじですが、僕もまだ全然分かりません。幾原邦彦監督の作風でメタファーや象徴的な表現が多用されます。それをなんとなく読み解きながら、「このアニメではどんなことを主張したいのかな」と考えながら見ています。今はまだ殆ど分からないのですが、分からないことが分かるようになるのは面白いですよね。そういう意味で期待しています。
また、非常にエロティックなOPで僕は完全に骨抜きにされました。「甘い 淡い ハチミツでもっと ベトベトにして お願い いい子になるから 私を承認して」ってツボ。

4位『純潔のマリア』

maria
TVアニメ「純潔のマリア」公式サイト
「純潔のマリア」 | バンダイチャンネル
原作者は『もやしもん』の作者、石川雅之さんです。もやしもんとは農業大学を舞台に菌とウィルスと青春の物語を描いたあの『もやしもん』です。お酒に関する豆知識などが豊富で「なるほど勉強になるなー」と言いながら見てた記憶があります。その作者が書いた次の作品がコレ。Wikipediaのあらすじを読んでみると

戦争絶えぬ中世・百年戦争中のフランス。戦を嫌う処女で聖母の名をもつ魔女・マリアが夜な夜な戦場にサキュバスを遣わし、戦争をかき乱す。

「えええええええ???処女?魔女?サキュバス?」と思わず叫んでしまいました。前作と毛色がぜんぜん違って驚き!
取り乱したのも束の間、すぐに落ち着いて「『鋼の錬金術師』の次に『銀の匙』を描いた荒川弘の逆パターンか」と納得しました。正しい納得なのか分からないですけどなんか期待できそうということは分かります。
それで一話と二話を見てみた感想ですが、これは間違いなく面白いです。
『もやしもん』はたくさん取材をし、綿密な下調べの上で書かれたからこそあれだけマニアックな農業ネタを繰り広げられたのだと思いますが、きっとこちらの作品も取材を重ねたのでしょう。僕は世界史にもキリスト教にも詳しくないので明確にはわからないのですが、舞台設定に関する知識がすごいことがなんとなく伝わってきます。その上で「あえてタブーを描写する」といった試みがなされているようです。
処女でうぶで真っ直ぐな主人公マリア、サキュバスでエロくて自由奔放なアルテミス、という対照的なキャラクターもしっかり活きていて好感を持てます。その二人が繰り広げる掛け合いは質の高い漫才をみているようで爽快でした。

3位『アイドルマスターシンデレラガールズ』

14_12_06_15_41_55_4
TVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」オフィシャルサイト
アイドルマスター シンデレラガールズ 第1話 – ニコニコ動画:GINZA
これまた一話を見て間違いないなと思いました。というのも、前作『アイドルマスター』がアイドル物として抜群の面白さだったのですが、この作品も前作に続いてしっかりとしたアイドル物に挑戦しようというスタッフの気概が読み取れたからです。
オタク男子の妄想かもしれないですが、アイドルって女の子の夢じゃないですか? そんな「夢を叶えた女の子たち」が輝いてる姿を見て僕達男子もまた夢を見れるんですよね。この作品は普通の女の子と駆け出しのアイドルたちが舞台で輝くまでのシンデレラストーリーを描き切ってくれると思います。

2位『夜のヤッターマン』

20141128132405c7as
夜ノヤッターマン 公式サイト
夜ノヤッターマン 第1夜「世界は真っ暗闇」 – ニコニコ動画:GINZA

何が善で、何が悪なのか……!?
ドロンボー一味との長き戦いを制したヤッターマンだが、彼らが築いた王国ヤッター・キングダムは平和な楽園ではなかった!?
国は疲弊し、圧政に苦しむ人々!
そこに立ち上がったのは、かつてヤッターマンのライバルとして戦ったドロンボー一味の末裔で、ヤッターマンに恨みを抱くレパード。
“ドロンジョ”の後継者としてその名を受け継いだ彼女は新生ドロンボーを結成。憎きヤッターマンにデコピンするため、ヤッター・キングダムに乗り込む!!

あらすじは公式サイトより引用。
この作品の監督吉原達矢氏は1988年生まれととても若い監督なのですが、前作『アルヴ・レズル』では攻殻機動隊を始めとする電脳系SFのオマージュを綺麗に24分の短編作品の中にまとめていて、オマージュが上手い監督だなと思ったのを覚えています。
本作では「ヤッターマン」という元ネタだけでなく、「ディストピア」「ダークヒーロー」といった文脈がたくさん存在する作品なので、氏の魅力である(と僕が勝手に思っている)オマージュの巧みさが存分に発揮されると思います。
一話と二話を見た感想としては、演出が垢抜けていてとても26歳の作品には思えないです。影と光を効果的に使っていたり、小物を使ったテクニックが印象的だったりととても技巧的な映像でした。
タイトル切りして録画をしなかった人も多かったらしいこの作品。それは勿体無いので配信サイトで今直ぐ見よう。(ステマに非ず)

1位『ローリング☆ガールズ』

entry_img_110
TVアニメ「ローリング☆ガールズ」公式サイト
ローリング☆ガールズ 第1話 – ニコニコ動画:GINZA

守られてばかりだった少女が一念発起 平和を守る度に出る。
行く手に待つのは魔法使いか怪獣か、はたまた巨大ロボットか。
ご当地食を極め尽くした各地をめぐり、仲間と重ねる奮闘努力、
汗と涙は報われるのか―。
どこまでいっても普通の子という宿命を背負い、それでも頑張る少女四人組が織りなす
新感覚・青春ロードムービー

あらすじは公式サイトより引用。
『ローリング☆ガールズ』の感想は、ごく個人的なものなんですが「とにかく腹が捩れるほど笑った」の一言につきます。笑いの感性は人それぞれかなり異なると思いますが、僕のツボにはドストライクでした。とにかく笑った。
「オレは楽しかった」なんて身も蓋もない感想ですが、自分がとても楽しかったというのはそれ単体で価値がある要素です。作品が何故面白いか、どういうところが素晴らしいかについて考えることも勿論大切なんですが、それをひとまず置いておいて、作品を見た自分自身が「どう感じたか」を見つめなおすことも、作品の鑑賞の際に欠かしてはならないことだと考えています。これは個人的に掲げているアニオタとしての心構えの一つです(笑)
といってもやはりこれだけでは他人には何も伝わらないので、『ローリング☆ガールズ』はどう面白いのかについてこれから1クールかけて考えていきたいですね。

つなろくごーの作画オタク養成所

つなろくごーがここニ週間の間に見たアニメの中で、作画的・演出的見どころがあったシーンをgifアニメで紹介していくコーナーです。
アニメの魅力は文章や静止画じゃ伝えられない!やっぱりアニメは動いてなんぼでしょ!
容量が大きめのgif画像を添付しているため環境によっては表示が遅い(または表示されない)かもしれません。その辺は改善していきますのでフィードバック頂けると幸いです。

まずは今日紹介した『アイドルマスター シンデレラガールズ』からこちら
夢なんですアイドルマスター シンデレラガールズ 第01話「Who is in the pumpkin carriage?」Bパート 後半
制服の女の子島村卯月の動きに合わせてPANするカメラ。若干あおりです。目を見開いた渋谷凛がにカメラが切り替わることで、それがベンチに渋谷凛視点だったことが分かります。登場人物主観のカメラは、視聴者を映像に没入させるテクニックですね。渋谷凛がアイドルの魅力に気づく重要なシーンなので表情も物凄く丁寧に描かれています。
絵コンテ:高雄統子
演出:原田孝宏 矢嶋武
作画監督:松尾祐輔


 

続いては『四月は君の嘘』から
kimiusoダンス切り抜き四月は君の嘘 第12話 「トゥインクル リトルスター」Bパート後半
主人公有馬公生のコミカルなダンス。アニメーターさんは芸人的コミカルセンスも問われるんだなと思ったシーン。隣の女の子が真似をして踊るんだけど、真似出来てたり出来てなかったりするのも面白いです。

絵コンテ:神戸守
演出:福島利規
作画監督:長森佳容

まとめ

・毎週連載企画が始まります。
・木曜日は僕とあいた君がアニメについてわーわー言う連載です。
・今回の紹介した作品はどれもオススメです。良かったら見てみてください。