【手書きで歌詞を書く】セプテンバーさん

こんばんは、はじめまして110です。

洗濯物が日に日に乾きにくくなり、秋がくるなーと。徐々に秋めいていくのを感じますね。

ということで、今回は手書きでRADWIMPSのセプテンバーさんを書いてみました。ベタですみません…

セプテンバーさん/RADWIMPS

image

9月になると聴きたくなる曲ですかね。

「『夏』てだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの」

夏は花火やお祭り、海やプールなど色んなイベントごとが多いからか「夏」というだけでわくわくしますね。高校野球などもありますし青春を一番感じる季節だと思います。

私の今年の夏はそんなイベントごとが一切なかったのですが、それでもやはり夏が終わる寂しさを感じずにはいられないです。

まだまだ一緒にいてよ夏、まだまだ来ないでよ秋。この気持ちは本能的なものなんじゃないかと勝手に思っていたりします(笑)

毎年夏にやり残したことを数えて少し悲しくなるので、9月はあまり好きじゃなかったのですが、

「あぁこの季節(とき)が語るもの あぁこの季節(とき)が繋ぐもの」

セプテンバーさんをきくと9月にも少し期待をしていいんじゃないかと思えたり。

 

大学に入ってからWordやExcelを使うことが多かったので、集中して文字を書くのは久しぶりでしたが、文字を書くのは好きなのでとても楽しかったです。

手書きで歌詞を書くというのも、中学生以来だったのでなつかしい気分になりました。

あとは、習字を習っていればよかったなーと思います(笑)

 

なんだか支離滅裂ですが、初めてなので見逃していただけると幸いです…

では、このへんで失礼します。